2008年06月10日

Alice's Adventures in Wonderland 1-2 (不思議の国のアリス)

前回へ


In another moment down went Alice after it, never once considering how in the world she was to get out again.

次の瞬間、アリスは兎のあとを追って飛び込みました。その穴からどうやって出ようか、とは一度も考えずに。

The rabbit-hole went straight on like a tunnel for some way, and then dipped suddenly down, so suddenly that Alice had not a moment to think about stopping herself before she found herself falling down a very deep well.

兎穴はしばらくはトンネルのようにまっすぐ続いていましたが、突然がくっ、と落ち込みました。余りに突然だったので、アリスは止まろうとする間もなく、とても深い井戸の中に落ちていきました。

Either the well was very deep, or she fell very slowly, for she had plenty of time as she went down to look about her and to wonder what was going to happen next. First, she tried to look down and make out what she was coming to, but it was too dark to see anything; then she looked at the sides of the well, and noticed that they were filled with cupboards and book-shelves; here and there she saw maps and pictures hung upon pegs. She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled `ORANGE MARMALADE', but to her great disappointment it was empty: she did not like to drop the jar for fear of killing somebody, so managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.

その井戸がとても深いせいか、あるいは彼女がとてもゆっくりと落ちたせいか、彼女は落ちていく間に自分のまわりを見回し、次に何が起こるのかを考えるゆとり がありました。最初に、彼女は下を見て、何が自分を待ち受けているかを見つけようとしました。しかし暗すぎて何も見えませんでした。次に彼女は井戸の壁を 見ました。するとそこには戸棚や本棚が一杯あることが分かりました。

またあちこちに、留め釘で止められた地図や絵があるのも見えました。彼女は落ちながら ある棚から瓶を取り出しました。そこには「オレンジ マーマレード」とラベルが貼られていました。しかし残念なことに、その瓶は空っぽでした。瓶をしたに 落とし、誰かに当たって死なせてしまうのはイヤだったので、落ちていく間に、また別の戸棚の中に何とか押し込みました。

`Well!' thought Alice to herself, `after such a fall as this, I shall think nothing of tumbling down stairs! How brave they'll all think me at home! Why, I wouldn't say anything about it, even if I fell off the top of the house!' (Which was very likely true.)

「さて!」とアリスは考えました。「こんなに落ちたんだもの、これからは階段を転げ落ちたって、なんとも思わないわ。家に帰ったら、みんな私のことをどん なに勇敢かって思うでしょうね。ええ、屋根の上から落ちたって、痛いなんて一言も言わないわ」(←それはおそらくそうでしょう)


次回へ
posted by leprechaun at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議の国のアリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

Alice's Adventures in Wonderland 1-1 (不思議の国のアリス)

Chapter I

Down the Rabbit-Hole
兎穴を下って

Alice was beginning to get very tired of sitting by her sister on the bank, and of having nothing to do: once or twice she had peeped into the book her sister was reading, but it had no pictures or conversations in it, `and what is the use of a book,' thought Alice `without pictures or conversation?'

アリスは土手で姉のそばに座っていましたが、何もすることがなかったので、次第に疲れだしました。一、二度、彼女は姉が読んでいる本をのぞいて見たけれども、そ の本には絵も会話もありませんでした。「じゃ、この本には何の使い道があるっていうの?」とアリスは思いました。「絵も会話もないなんて」

So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be worth the trouble of getting up and picking the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

そして彼女は心の中であれこれ考え始めました(できる限り精神を集中して。というのはこの日は暑くて、彼女はとても眠く、頭が朦朧としていましたか ら)。デイジーの花輪を作るのは楽しいけど、立ち上がってデイジーを摘みにいくのは面倒だし。すると、その時突然、ピンクの眼をした白兎が彼女の近くに走ってき ました。

There was nothing so very remarkable in that; nor did Alice think it so very much out of the way to hear the Rabbit say to itself, `Oh dear! Oh dear! I shall be late!' (when she thought it over afterwards, it occurred to her that she ought to have wondered at this, but at the time it all seemed quite natural); but when the Rabbit actually took a watch out of its waistcoat-pocket, and looked at it, and then hurried on, Alice started to her feet, for it flashed across her mind that she had never before seen a rabbit with either a waistcoat-pocket, or a watch to take out of it, and burning with curiosity, she ran across the field after it, and fortunately was just in time to see it pop down a large rabbit-hole under the hedge.

それだけでも十分不思議だったのに、さらにアリスは兎がこう独り言を言うのを聞いても、おかしいとは思いませんでした。「やれやれ!遅れてしまうぞ!」。 (後で考えてみると、このことは変に思わなければならなかったのに、この時は全てが全く自然なことのように見えたのです)。兎が実際にチョッキのポケット から時計を出して、それを見つめ、そしてまた急ぎ始めると、アリスも走り始めました。

というのは彼女はチョッキを着た兎や、そのチョッキから出てきた時計を今まで見たことがない、という思いが心の中にさっと浮かんできたからです。好奇心に駆られて、彼女は兎のあとをついて野原を横切り、幸運なことに、兎が 垣根の下の大きな兎穴に飛び込んだのを見るのに、調度間に合いました。





次回へ
posted by leprechaun at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議の国のアリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

A Tale of Two Cities 1-1-8 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-8 (二都物語)
前回へ


All these things, and a thousand like them, came to pass in and close upon the dear old year one thousand seven hundred and seventy-five.

これらすべてのこと、そしてこれに似たような何千ものことが、この1775という古き年には起きた。

Environed by them, while the Woodman and the Farmer worked unheeded, those two of the large jaws, and those other two of the plain and the fair faces, trod with stir enough, and carried their divine rights with a high hand.

それらのことに取り巻かれて、樵夫と農夫が誰にも気づかれずに働いてる間、あの二人の大顎と、あの不美人と美貌の二つの顔は、威風堂々と進み、自分たちの神聖なる王権を高らかにかざしていた。

Thus did the year one thousand seven hundred and seventy-five conduct their Greatnesses, and myriads of small creatures- the creatures of this chronicle among the rest- along the roads that lay before them.

それゆえ1775の年は偉大な王族らと、無数の些少な庶民ら−この物語の登場人物もその中にいるのだが−を指揮し、彼らの前に伸びている道を歩かせたのである。



次回へ

ラベル:二都物語
posted by leprechaun at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hydrangea(紫陽花)

ガーデニング、花、あじさい、プレゼント

ajisai.jpg

Hydrangea あじさい

紫陽花(あじさい)は北東アジア原産の植物で、江戸時代に日本で園芸品種に改良され、西洋へはシーボルトによって紹介された。

シーボルトは医者として長崎に滞在の傍ら、日本の動植物を採集したが、その中の一つが「紫陽花」である。そしてこの花に愛人「お滝さん」の名前をつけ、"Hydrangea otakusa"として発表したが、別の植物「オタクサ」と間違えたという説もある。

"hydra-"の接頭辞は「水」を表し、水の季節に開花する植物にはふさわしい名前と言えよう。

紫陽花は湿地に好んで生え、その土地の酸性度によって異なる色の花を咲かせる。酸性度が高ければ花は青くなり、アルカリ性ならピンクになるので、その土地の酸性度を知る指標ともなる。

また一つの花自体、開花するにつれ、緑→白→青→紫、と色を変えて行くので、「心変わり」という花言葉がついた。

もっともそれは日本での話で、花花が固まって咲くことから、西洋では「団結」「辛抱強さ」の花言葉がある。贈るのが難しい花である。「辛抱強く頑張れ」というメッセージをこめてプレゼントするなら、そのように書かれたカードを添えたほうが無難だろう。
posted by leprechaun at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Girl



MY GIRL ぼくの彼女

I've got sunshine
On a cloudy day.
When it's cold outside,
I've got the month of May.

曇りの日に
日の光が差し込むようだ
外は寒いのに
今は5月のようだ

Well, I guess you'll say
What can make me feel this way?
My girl. (My girl, my girl)
Talkin' 'bout my girl. (My girl)

うん、君は言うだろう
どうしてそんな気持ちになるの、って。
それはぼくの彼女のせいだよ。
彼女のことを話すだけで、そうなるんだ。

I've got so much honey
The bees envy me.
I've got a sweeter song
Than the birds in the trees.

君という蜂蜜がありすぎて
蜜蜂がうらやむくらいさ
君への歌が甘すぎて
木にいる鳥よりも多いくらいさ

Well, I guess you'll say
What can make me feel this way?
My girl. (My girl, my girl)
Talkin' 'bout my girl. (My girl)

うん、きっと君は言うだろう。
どうしてそんな気持ちになるの、って。
それはぼくの彼女のせいさ。
彼女のことを話すだけで、そうなるのさ。

Ooooh, Hoooo.

Hey, hey, hey.
Hey, hey, hey.

I don't need no money,
Fortune or fame.
I've got all the riches, baby,
One man can claim.

お金なんていらない
幸運も名声もいらない。
富はみんな、もらったから
一人の男がもらえる分は、ぜんぶ。

Well, I guess you'll say
What can make me feel this way?
My girl. (My girl, my girl)
Talkin' 'bout my girl. (My girl)

Talkin' bout my girl.
I've got sushine on cloudy day
With my girl.
I've even got the month of May
With my girl.

ぼくの彼女について話そう
彼女といると
曇りの日に日の光が差し込むようだ。
彼女といると
今が五月のような気さえする。



The Temptationsで、"My Girl"。64年のクリスマス・シーズンにリリースされ、翌年にはBillboard1位に駆け上がった名曲である。

The TemptaionsはMotown Songsの代表格で、60年にDetroitで結成された5人組のバンドだ。(メンバーはその時々で入れ替わっており、original memberは一人しか残っていない)

(MotownとはMotor Townつまり自動車の町、Detroitを意味していた。ここには中西部一帯から音楽の才ある若者が集まり、New York, Los Angelesとともに、歌謡産業の中心地となっていたのである。。。ちなみに「デトロイト・メタル・シティ」はこの前提の上に成り立っている)

ソウルをベースにしたパワフルなvocal、軽妙で5人揃った振り付け、バックダンスの多用、などで人気を博した彼らは、ついにこの"My Girl"で初めてチャート1位に上り詰める。

歌自体は自分の彼女を太陽にも五月にもたとえる古典的なものだが、アメリカ民謡"You are My Sunshine"を彷彿とさせる歌詞は、却って人気を呼び、素朴だが力強いメロディはアメリカ人のみならず、世界中の人々を魅了した。

posted by leprechaun at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

A Tale of Two Cities 1-1-7 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-7 (二都物語)
前回へ


prisoners in London gaols fought battles with their turkeys, and the majesty of the law fired blunderbusses in among them, loaded with rounds of shot and ball;

ロンドン監獄の囚人らは獄吏と闘い、法の威厳を表そうと、獄吏らは囚人らの中に弾丸がたっぷり装備されたラッパ銃を撃ちこんだ。

thieves snipped off diamond crosses from the necks of noble lords at Court drawing-rooms;

王宮の謁見室では、こそ泥が貴族の首からダイヤモンドの十字架を切り落とした。

musketeers went into St. Giles's, to search for contraband goods, and the mob fired on the musketeers, and the musketeers fired on the mob, and nobody thought any of these occurrences much out of the common way.

銃兵らがセント・ジャイルズに行って、密輸品の捜索をすると、暴徒らが銃兵に発砲し、それから銃兵が暴徒に発砲したが、これらの出来事が非日常的だと考える人は誰もいなかったのである。

In the midst of them, the hangman, ever busy and ever worse than useless, was in constant requisition;

これらの出来事の中で、絞首刑吏は常に忙しく、常に無益と言うより有害な存在であったが、絶えず求められていた。

now, stringing up long rows of miscellaneous criminals; now, hanging a housebreaker on Saturday who had been taken on Tuesday; now, burning people in the hand at Newgate by the dozen, and now burning pamphlets at the door of Westminster Hall; to-day, taking the life of an atrocious murderer, and to-morrow of a wretched pilferer who had robbed a farmer's boy of sixpence.

ある時は様々な犯罪者の長い列を絞首し、ある時は火曜に起きた押し込み強盗を土曜に吊るし、ある時はニューゲートで12人一まとめにして手に焼印を押し、ある時はウエストミンスター・ホールの入り口で時事小冊子を焼き、今日は残虐非道な殺人鬼の命を奪い、明日には農家の子供から6ペンス奪ったみじめなこそ泥を処刑するのである。



次回へ

posted by leprechaun at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-6 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-6 (二都物語)
前回へ


the highwayman in the dark was a City tradesman in the light, and, being recognised and challenged by his fellow-tradesman whom he stopped in his character of "the Captain," gallantly shot him through the head and rode away;

夜の路上の追いはぎは、昼には町の貿易商人だった。そして彼が「キャプテン」の名において仲間の貿易商人の馬車を止めたところ、正体を見抜かれて(その地位を)脅(おびや)かされると、勇敢にもその仲間の頭を打ち抜き、馬に乗って走り去った。

*キャプテンとは、保安官ほどの意。この商人は保安官を兼任していて、その名目で馬車を止めては、追いはぎを働いていたのだ。

the mail was waylaid by seven robbers, and the guard shot three dead, and then got shot dead himself by the other four, "in consequence of the failure of his ammunition:" after which the mail was robbed in peace;

郵便馬車は7人の強盗に待ち伏せされ、警備員は3人を撃ち殺した後、「弾薬の不発の結果により」、他の4人に撃ち殺された。その後馬車は平和裏のうちに略奪された。

that magnificent potentate, the Lord Mayor of London, was made to stand and deliver on Turnham Green, by one highwayman, who despoiled the illustrious creature in sight of all his retinue;

偉大な勢力家であるロンドン市長公は、ターナム・グリーンである一人の追いはぎによって立たされ、所持品を奪われた。追いはぎはこの著名な人物を、彼の全随員の目の前で強奪したのである。

*ターナム・グリーンはロンドンの近郊。

*18世紀後半のイギリスでは産業革命が進展し、生活が近代化された反面、格差が拡大し、犯罪も激増したという。



次回へ
ラベル:二都物語
posted by leprechaun at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-5 (二都物語)

英語 イギリス

A Tale of Two Cities 1-1-5 (二都物語)
前回へ


But that Woodman and that Farmer, though they work unceasingly, work silently and no one heard them as they went about with muffled tread: the rather, forasmuch as to entertain any suspicion that they were awake, was to be atheistical and traitorous.

しかしその樵とその農民は、休みなく働いたにも関わらず静かであり、誰一人として彼らのこっそりとした足音を聞いたものはいなかった。なぜなら彼らが起きているという疑念を抱くのは、無神論的であり、反逆だったからである。

*革命の動きがある、と噂するだけで神と国王への反逆罪に問われた当時の状況を描写している。「神」が入るのは、国王は神によってその座を与えられたと考えられていたから。

In England, there was scarcely an amount of order and protection to justify much national boasting.

イギリスにおいても、あまり国威発揚を正当化できるような秩序と保安は、ほとんどなかった。

Daring burglaries by armed men, and highway robberies, took place in the capital itself every night;

首都でさえ、毎晩、図々しくも武装した強盗や公道の追いはぎが起きた。

families were publicly cautioned not to go out of town without removing their furniture to upholsterers' warehouses for security;

住民には、安全のために家具屋の倉庫に家具を動かしてから、市の外へ出るようにと公に警告されていた。

*upholstererは内装屋のことだが、家具の販売・設置も手がけていた。ここでは家具屋と訳してみた。



次回へ
posted by leprechaun at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOUSE OF THE RISING SUN 朝日のあたる家

英語の歌



HOUSE OF THE RISING SUN
旭日館

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it's been the ruin of many young poor boys
And God I know I'm one

ニューオーリンズに館があった
「旭日館」という館があった
そこは多くの若く貧しい少年らの廃墟だった
神よ、ぼくもその一人だった

My mother was a tailor
She sewed my new bluejeans
My father was a gamblin man
Down in New Orleans

母は裁縫を仕事にしていて
ぼくに青いジーンズを縫ってくれた
父はギャンブル狂で
ニューオーリンズに入り浸っていた

Now the only thing a gambler needs
Is a suitcase and a trunk
And the only time that he's satisfied
Is when he's all drunk

さてギャンブラーがいる物といえば
スーツケースとトランクだけだった
そして彼が満足するときといえば
酔い潰れているときだけだった

Oh mother tell your children
Not to do what I have done
To spend ther life in sin and misery
In the house of the Rising Sun

母よ、子供に言い聞かせてくれ
ぼくがしでかしたことをするな、と
罪と惨めさの中で生涯を送るな、と
朝日の昇る館で

With one foot on the platform
And the other foot on the train
I'm going back to New Orleans
To wear that ball and chain

片足をホームに乗せて
もう片足を列車に乗せて
ぼくはニューオーリンズに戻ろうとしている
その重りと鎖を付けるために

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it's been the ruin of many young poor boys
And God I know I'm one

ニューオーリンズに館があった
「旭日館」という館があった
そこは多くの若く貧しい少年らの廃墟だった
神よ、ぼくもその一人だったんだ



The Animalsの名曲「朝日の当たる家」。

色々解釈のできる歌だが、ストレートに考えれば孤児院か施設で育てられた少年が、長じて他の町で犯罪を犯し、ニューオーリンズの刑務所に戻る、ということになる。

元々は娼婦を歌ったアメリカの民謡で、歌詞は以下の通り。

There is a house down in New Orleans
They call the risin sun.
Its been the ruin of many a poor girl
And me, oh God, I'm one.

My mother was a tailor
She sewed these new blue jeans
My sweetheart was a gambler
Down in New Orleans.

Now the only thing a gambler needs
Is a suitcase and a trunk
And the only time hes satisfied
Is when hes on a drunk.

Hell fill his glasses up to the brim
And hell pass the cards around
And the only pleasure he gets out of life
Is ramblin from town to town.

Oh tell my baby sister
Not to do what I have done
But shun that house in New Orleans
They call the risin sun.

And its one foot on the platform
And the other foot on the train
Im goin back to New Orleans
To wear my ball and chain.

Im going back to New Orleans
My race is almost run
Im goin back to end my life
Down in the risin sun.

There is a house in New Orleans
They call the risin sun.
Its been the ruin of many a poor girl
And me, oh God, Im one.

これから分かるように、元来は旭日館で売春をしていた娼婦が、妹に自分のようになるな、と言い聞かせている歌である。

これをアニマルズは娼婦を少年とアレンジしたために、歌詞が分かりづらくなっている。旭日館を施設という人もいれば、元歌のように売春宿という意見、いや牢屋だ、という声まである。



この歌は64年、イギリスのバンド、アニマルズがカバーし、全英・全米チャート1位に上り詰めた。

歌自体はかねてより知られていたが、ボーカル、エリック・バードンの力強くも狂気の入ったシャウト、オルガン担当のアラン・プライスの旋回するような速い旋律によって、この歌は別歌として生まれ変わり、アニマルズの看板となったのである。

アニマルズはその後、同じイギリスのバンド、ビートルズに押されて歴史から消え去るが、この歌は今なお折に触れて聞くことができる。
posted by leprechaun at 03:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 6 (ドリトル先生アフリカ行き・動物語6)

前回へ



At tea-time, when the dog, Jip, came in, the parrot said to the Doctor, "See, HE'S talking to you."

お茶の時間になり、犬のジップがやって来ると、オウムは先生に言いました。「御覧なさいな。彼はあなたに話し掛けているわ」

"Looks to me as though he were scratching his ear," said the Doctor.

「彼は耳を掻いているように見えるが」、と先生は言いました。

"But animals don't always speak with their mouths," said the parrot in a high voice, raising her eyebrows. "They talk with their ears, with their feet, with their tails--with everything. Sometimes they don't WANT to make a noise. Do you see now the way he's twitching up one side of his nose?"

「動物は常に口で話すとは限りませんよ」、とオウムは眉をひそめ、高い声で言いました。「動物は耳でも、足でも、尻尾でも、何ででもしゃべります。音をたてたくない時もありますからね。さて今度は彼が鼻の片側をぴくぴくさせているのが見えますか?」

"What's that mean?" asked the Doctor.

「それは何の意味かい?」と先生は聞きました。

"That means, `Can't you see that it has stopped raining?'" Polynesia answered. "He is asking you a question. Dogs nearly always use their noses for asking questions."

「それは『雨が止んだのが分からないのかな?』です」と、ポリネシアは答えました。彼は質問しているのですね。犬はほとんど常に鼻を使って質問するのです」

After a while, with the parrot's help, the Doctor got to learn the language of the animals so well that he could talk to them himself and understand everything they said. Then he gave up being a people's doctor altogether.

オウムのおかげでしばらくすると、先生は動物語に習熟してしまい、動物に語りかけたり、動物の言うことは何でも分かるようになりました。そして彼はすっかり人間の医者を辞めてしまいました。

As soon as the Cat's-meat-Man had told every one that John Dolittle was going to become an animal-doctor, old ladies began to bring him their pet pugs and poodles who had eaten too much cake; and farmers came many miles to show him sick cows and sheep.

猫肉男がジョン・ドリトルが動物のお医者さんになると皆に言いふらすやいなや、おばあさんたちが、ケーキを食べ過ぎたペットのパグやプードルを連れ込み始めました。また農民たちが何マイルも遠くからやって来て、病気の牛や羊を見せました。
ラベル:ドリトル
posted by leprechaun at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。