2008年06月18日

A Tale of Two Cities 1-2-4 (二都物語)

前回へ


All three were wrapped to the cheekbones and over the cars, and wore jack-boots.

3人はみな頬骨まで包み、耳までかぶり、革の長靴を履いていた。

Not one of the three could have said, from anything he saw, what either of the other two was like; and each was hidden under almost as many wrappers from the eyes of the mind, as from the eyes of the body, of his two companions.

3人の誰もが、自分の見たものから、他の二人がどんな人なのか判断することはできなかった。そして各々が他の二人の身体の眼だけでなく、心の眼からも隠れていた。

In those days, travellers were very shy of being confidential on a short notice, for anybody on the road might be a robber or in league with robbers.

当時、道路にいる人は誰でも泥棒や泥棒の仲間かもしれないので、旅行者たちはすぐに打ち解けはしなかった。

*confidentialは秘密の意味だが、秘密を打ち明けることができる→打ち解けた、仲のよいという意味も派生した。「秘密」と「打ち解けた」は逆の意味になるので、文脈に注意。

As to the latter, when every posting-house and ale-house could produce somebody in "the Captain's" pay, ranging from the landlord to the lowest stable nondescript, it was the likeliest thing upon the cards.

(泥棒の)仲間に関して言えば、どの郵便屋も居酒屋も、地主から馬屋番までのうちの誰かが「キャプテン」からお金をもらっていたから、それはありえそうなことだった。


次回へ
posted by leprechaun at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

「嫌い」の使い分け

前回は「好き」の使い分けだったので、今回は「嫌い」の使い分け。

dislike: 一般的に「嫌い」。
  I dislike you. 君が嫌いだ。

hate: 憎悪。dislikeよりも強い。
  I hate you. あんたが憎い。

detest: hateよりも強い。とても嫌う。
  I detest you. お前が死ぬほどほど嫌いだ。

loathe: むかつく。吐き気がするほど嫌う。
  I loathe you. お前といると吐き気がする。

offensive: 攻撃的な。刺すような。
  an offensive smell. 嫌な臭い。

disgusting: ムカムカするような。吐き気を催すような。
  You are disgusting: お前、むかつくんだよ。

antipathy: 反感。不快感。
  I feel an antipathy to snakes. ヘビが嫌い。
posted by leprechaun at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 単語帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

A Tale of Two Cities 1-2-3 (二都物語)

前回へ


There was a steaming mist in all the hollows, and it had roamed in its forlornness up the hill, like an evil spirit, seeking rest and finding none.

すべてのくぼ地には霧が流れ、休息を求めては得られない悪霊のように、空しく丘をうろついては上っていた。

A clammy and intensely cold mist, it made its slow way through the air in ripples that visibly followed and overspread one another, as the waves of an unwholesome sea might do.

ねばねばしてひどく冷たい霧が、ゆっくりと空中にさざ波を立てて進んだ。そのさざ波は荒海の波がするように、目につくように続いては、お互いに覆いあうのであった。

It was dense enough to shut out everything from the light of the coach-lamps but these its own workings, and a few yards of road; and the reek of the labouring horses steamed into it, as if they had made it all.

霧はとても濃く、馬車のランプの光はそれ自身の燃えているのと、道路の数ヤードを照らすだけで、後は何も見えなかった。そして労苦にあえぐ馬の吐息がその霧に昇っていくのだったが、それはまるで馬たちがその霧を全て作ったかのようであった。

Two other passengers, besides the one, were plodding up the hill by the side of the mail.

その一人のほかに、二人の乗客が馬車の脇をとぼとぼと丘を登っていた。


次回へ
posted by leprechaun at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-2-2 (二都物語)

前回へ


Reins and whip and coachman and guard, however, in combination, had read that article of war which forbade a purpose otherwise strongly in favour of the argument, that some brute animals are endued with Reason; and the team had capitulated and returned to their duty.

しかし、手綱と鞭と御者と警備員が合同で、その目的を禁じる軍令を読み上げた。さもなければ野獣の中には理性を持つものもいるという主張が、(動物学の)論争において非常に有利になっていただろう。そして馬たちは降参し、作業に戻ったのである。

With drooping heads and tremulous tails, they mashed their way through the thick mud, floundering and stumbling between whiles, as if they were falling to pieces at the larger joints.

頭を垂れ尻尾を震わせて、もがき、時々つまづきながら、まるで大きな関節でばらばらになるかのように、彼らは厚い泥の中で蠢いていた。

As often as the driver rested them and brought them to a stand, with a wary "Wo-ho! so-ho-then!" the near leader violently shook his head and everything upon it- like an unusually emphatic horse, denying that the coach could be got up the hill.

「どうどう!どうどう!」御者が彼らを休ませ、止まらせるたびに、近くのリーダー馬は頭とその上のもの全てを荒々しく振った−まるで馬車は丘を登れるはずがない、と言う異常に感情的な馬のように。

Whenever the leader made this rattle, the passenger started, as a nervous passenger might, and was disturbed in mind.

リーダーがこのように暴れるたびに、神経質な乗客のように、その乗客はびくっとし、心を乱すのだった。

*startは「始める」のほかに、ビクッと動く、の意味もある。


次回へ
posted by leprechaun at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

Alice's Adventures in Wonderland 1-3 (不思議の国のアリス)

前回へ


Down, down, down. Would the fall never come to an end! `I wonder how many miles I've fallen by this time?' she said aloud. `I must be getting somewhere near the centre of the earth. Let me see: that would be four thousand miles down, I think--' (for, you see, Alice had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though this was not a very good opportunity for showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good practice to say it over) `--yes, that's about the right distance--but then I wonder what Latitude or Longitude I've got to?' (Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were nice grand words to say.)

下へ、下へ、下へ。いつまでも落ちていくようでした。「もう何マイル落ちたかしら?」アリスは声に出して言いました。「地球の真ん中近くに来ているに違いないわね。えーと。それは4000マイル落ちた、ってことだから、そうすると・・・」(お分かりのように、アリスは学校の授業でこのようなことを幾つか習いました。

そこには彼女の話を聞く人は誰もいなかったので、これは彼女の知識を披露する余り良い機会ではなかったのですが、それでも復習には良い練 習でした。)「・・・ええ、それが正しい距離だわ。でも緯度と経度はどうかしら?」(アリスは経度も緯度もどういうものか知っていませんでした。しかし、 これらは口に出すのにふさわしい重みのある言葉と思ったのです)

Presently she began again. `I wonder if I shall fall right through the earth! How funny it'll seem to come out among the people that walk with their heads downward! The Antipathies, I think--' (she was rather glad there was no one listening, this time, as it didn't sound at all the right word) `--but I shall have to ask them what the name of the country is, you know. Please, Ma'am, is this New Zealand or Australia?' (and she tried to curtsey as she spoke--fancy curtseying as you're falling through the air! Do you think you could manage it?) `And what an ignorant little girl she'll think me for asking! No, it'll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.'

まもなく彼女はまた始めました。「落ち続けて、地球を突き抜けたら面白いのにね!頭を下向きにして歩く人々の間に出てきたら、愉快でしょうね!タイ商人 (*)、だったかしら・・・(今回は彼女の話を聞く人が誰も居なかったのは、幸いなことでした。それは全く正しい言葉には見えませんでしたから)・・・でもその国の名前を聞かなくちゃならないわ、そうでしょ?すみませんが、こちらはニュージーランドかしら、それともオーストラリア?

(彼女は話しながら礼儀 正しく振舞おうとしましたが、空中を落ちているのに礼儀正しくなんて、奇妙な話です。あなたはできまか?)・・・すると向こうの人は、なんて無知な小娘 か、って私のことを思うでしょうね!駄目よ、そんなことを訊いても意味ないわ。国名がどこかに書かれてないか、見てみることにしよう」

(*)訳注:対蹠人、と言いたかったらしい。原文はAntipathies(反感)とAntipodes(対蹠人)のしゃれ。対蹠=地球の反対側。ちなみにイギリスの対蹠点はオーストラリア近辺。

Down, down, down. There was nothing else to do, so Alice soon began talking again. `Dinah'll miss me very much to-night, I should think!' (Dinah was the cat.) `I hope they'll remember her saucer of milk at tea-time. Dinah my dear! I wish you were down here with me! There are no mice in the air, I'm afraid, but you might catch a bat, and that's very like a mouse, you know. But do cats eat bats, I wonder?' And here Alice began to get rather sleepy, and went on saying to herself, in a dreamy sort of way, `Do cats eat bats? Do cats eat bats?' and sometimes, `Do bats eat cats?' for, you see, as she couldn't answer either question, it didn't much matter which way she put it. She felt that she was dozing off, and had just begun to dream that she was walking hand in hand with Dinah, and saying to her very earnestly, `Now, Dinah, tell me the truth: did you ever eat a bat?' when suddenly, thump! thump! down she came upon a heap of sticks and dry leaves, and the fall was over.

下に、下に、下に。他に何もすることが無かったので、アリスはまた喋り始めました。「ダイナは今晩、私が居なくてとても淋しがるでしょうね!(ダイナはネコです)。お茶の時間にミルク皿を出すことを、みんな忘れないといいんだけど。ダイナ!一緒に落ちてくれればいいのに!空中にはネズミは居ないと思うけ ど、コウモリを捕まえるといいわ。コウモリはネズミとそっくりだもの。ね?でもネコはコウモリを食べるかしら」。そしてここでアリスはちょっと眠くなり、寝言のように独り言をいい続けながら、「ネコはコウモリを食べるかしら?猫はコウモリを食べるかしら?」

そして時々「コウモリはネコを食べるかしら?」。お分かりのように、彼女はどちらの疑問にも答えることができなかったので、彼女がどう言おうと問題はないのでした。彼女は眠りに落ちていき、ダイナと手を 繋いで歩いている夢を見はじめました。そして熱心に言いました。「さあ、ダイナ、本当のことを言ってごらん。コウモリを食べたことがあるの?」。その時突 然、ドスン!ドスン!と、彼女は枝と枯葉の山に落ちました。落下行は終わりました。
ラベル:アリス
posted by leprechaun at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議の国のアリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

A Tale of Two Cities 1-2-1 (二都物語)

前回へ


Chapter 2 - The Mail
第二章 − 郵便馬車

IT WAS the Dover road that lay, on a Friday night late in November, before the first of the persons with whom this history has business.

11月遅くの金曜の夜、この物語と関わりをもつ最初の人々の前に伸びていたのは、ドーバー道路であった。

The Dover road lay, as to him, beyond the Dover mail, as it lumbered up Shooter's Hill.

ドーバー道路は彼の前に伸びていたが、シューターの丘をがたがた登るにつれ、ドーバー郵便馬車の前にも伸びていった。

*mailと言うのは厄介な単語で、郵便の他に郵便物を運ぶ馬車や舟、鎖かたびらの意味まである。

He walked up hill in the mire by the side of the mail, as the rest of the passengers did;

彼は他の乗客と同じように馬車の横のぬかるみの中、丘を登っていた。

not because they had the least relish for walking exercise, under the circumstances, but because the hill, and the harness, and the mud, and the mail, were all so heavy, that the horses had three times already come to a stop, besides once drawing the coach across the road, with the mutinous intent of taking it back to Blackheath.

それは彼らがこのような条件の下で歩くというおかしな趣味を持っていたからではなく、丘、馬具、泥、そして馬車は、みなとてもきつく、馬はすでに三度も立ち止まっていたし、一度などはブラックヒースに戻ろうという反逆の意志をもって、馬車を道路から引き外したからである。


次回へ
posted by leprechaun at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

文の繋げ方1

*単純な羅列
スプーンとフォークを手に取った。
I had a spoon and a fork in my hands.

*時間経過の接続
スプーンを取ってから、フォークを取った。
I took a spoon, then a fork.

*前後関係をはっきりさせたい場合
スプーンを取った後で、フォークを取った。
After I took a spoon, I took a fork. (I took a fork after a spoon. が一般的)

*対照させる場合
右手にフォーク、左手にスプーンを取った。
While I took a fork on my right hand, I took a spoon on my left hand.
(I took a spoon on my left hand while a fork on my rightが一般的)

*対照関係を強調したい場合。明確な対象がある場合。
月に比べると、太陽は明るい。
The sun is bright in contrast to the moon.

*並べて比較する場合。
株価は去年に比べて下落した。
The stock price fell comparing with the last year.

*上下、高低、良悪、優劣などが分かっている場合の比較
株価は去年よりも低い。
The stock price is lower than the last year.


次回へ
posted by leprechaun at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 単語帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融英語1

二年連続のマイナス=a concequtive two year decline
嫌気/好感された=have a negative/positive effect on
国内の=domestic ⇔ 国外の=foreign

国内マンションの販売が2年連続のマイナスだったことが嫌気された。
A concequtive two year decline of the sale of domestic apartments had a negative effect on the stock price of Mitsui Co.



下落率=falling rate
上位=rank upper positions / rank highly
業種別=by sectors

不動産は業種別でも下落率上位になっている。
The falling rate of real estate industry ranks upper positions even classified by sectors.



連結純利益 = group net profit
見通し=will, be expected to
前期比A%減=decline/fall/drop A% comparing with the previous term.

連結純利益が前期比7%減となる見通しと発表されたことが嫌気された。
The announcement that the group net profit will drop 7% comaring with the previous term caused the decline of the stock price of Horiba Co.

市況=a market (condition)
先行き不透明感=(the feeling of) the unclearness of the future
影響した=have effect on

半導体市況の先行き不透明感も影響した。
The unclearness of the future of a semiconductor market also had effect on the stok price.



続落=continue to drop/fall/decline
続伸=continue to rise/increase
反落=fall back
反発=rebound

(労働者)派遣事業=staffing service / staffing business



次回へ
ラベル:
posted by leprechaun at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 単語帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

秋葉原・大量殺傷事件

英語 ニュース
6/8付のWashington Postの記事。
7 Killed In Tokyo Stabbing Rampage
11 Others Are Injured In Crowded District; Japanese Man Held


東京で切り裂き凶行、7人殺害
繁華街で11人が負傷、日本人男性逮捕さる

Numbers mark the spots where victims of a knife-wielding assailant fell as Tokyo police officers work at the scene of the attacks, in the city's Akihabara district. The teeming area is known as a mecca for young men interested in electronic gadgetry and comic books.

警察官らが検証作業をしている秋葉原の犯行現場では、何枚もの番号札が、犠牲者が倒れた地点を記している。この混雑した地区は、ゲームやコミックに興味をもつ若者にはメッカとして知られている。

Washington Post Foreign Service
Monday, June 9, 2008; Page A11

TOKYO, June 8 -- Screaming as he randomly stabbed shoppers with a hunting knife, a man killed seven people and injured 11 others at lunchtime Sunday in a Tokyo retail district.

東京、6月8日−サバイバル・ナイフで無作為に買い物客を刺し、叫びながら、男は7人を殺し、11人を傷つけた。日曜の昼食時、東京の商店街でのことである。

Tomohiro Kato, 25, drove a white, two-ton rental truck into a crowd of pedestrians, running over at least three people and then emerging from the truck with a large knife, according to police officers and witnesses.

加藤トモヒロ(25歳)は、白い2トンのレンタル・トラックで歩行者の群れに突っ込み、少なくとも3人を轢き、それから長いナイフを持ってトラックから出現したと、警察と目撃者は伝えている。

Indiscriminately slashing and stabbing as he went, the assailant then ran and walked through the center of the Akihabara neighborhood, where thousands of young men from Japan and around the world gather for electronic gadgets and comic books, computer games and nerdy fellowship.

行く先々で無差別に斬りつけ、刺したこの襲撃者は、それから秋葉原の中心をに走り、歩きぬけた。(秋葉原は何千もの日本人や外国人が、電子機器やコミック、ゲームを売買したり、同人サークルを見たり参加したりするところである)

"I am tired of life," police said Kato told them later. "I came to Akihabara to kill people. It didn't matter who they were. I came alone."

「人生に疲れた」、と後に加藤が語ったと、警察は言っている。「ぼくは人を殺しに秋葉原に来た。誰でも良かった。一人で来た」

Japan is one of the safest countries in the world when it comes to violent crime. Strict gun-control laws make it difficult for most Japanese to own handguns.

凶悪犯罪については、日本は世界でもっとも安全な国のひとつである。厳格な銃規制法のおかげで、日本人の大部分は銃器を所持することが困難である。

But this year, there have already been two stabbing sprees in crowded shopping districts, injuring a total of 10 people and killing one. Sunday's rampage occurred on the seventh anniversary of an infamous stabbing incident near Osaka, where a man killed eight children and injured 15 others. He was later executed.

しかし今年は、繁華街での刺殺事件は既に二件もあり、併せて十人が負傷し、一人が殺された。日曜の凶行は、大坂の近くで起きた、悪名高い刺殺事件の7周年に起きたものである。その事件では一人の男が8名の児童を殺害し、15名を傷つけた。彼は後に死刑に処せられた。

Akihabara, a neon-lighted temple for high-tech consumerism and for magazines and comics that cater to adolescent fantasies, looked liked a war zone just after the attack, with puddles of blood and random shoes on the pavement.

ハイテクの消費主義や、若者の空想に応じる雑誌やコミックの、ネオン輝く寺院である秋葉原は、舗装の上に、血だまりや靴が乱雑に散乱し、丁度襲撃の後の戦場のようであった。



記事はなおも続くが、後は日本の新聞とほぼ同じ報道なので略する。

通常、日本の社会ニュースは英米では余り扱われないのだが、今回の事件はアメリカのWashington Postだけでなく、NY TimesやLA Times, CNN、イギリスはBBC, Financial Timesなど、多くのメディアで大きく取り上げられた。

以下、詳しい考察はこちら。
ラベル:秋葉原
posted by leprechaun at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

「好き」の使い分け

like: 普通に使われる。
I like fish. 魚が好きです。

love: likeより強い意味を表す。とても好きだ。愛している。
I love fish. 魚が大好き。

be fond of: likeより口語的で、より意味が強い。
I am fond of fish. 魚が好きだよ。

prefer to: 比較するときに使う。AよりBの方が好きだ。
I prefer fish to meat. 肉より魚が好きだ。

favorite: A is my favoriteの形で使う。お気に入り。好み。
Fish is my favorite. 魚がぼくの好みだ。

強さの順番としては、like < fond < love、となる。



一方、日本語では
好き: 最も一般的な言葉だが、likeだけでなくlove, fondの意味も含まれる。
饅頭が好きだ。

好む: 味わい楽しむ。趣味や食物に使われることが多い。
饅頭を好む。

好み: favoriteとほぼ重なる。
饅頭は私の好みだ。


次回へ
posted by leprechaun at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 単語帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。