2008年06月15日

Alice's Adventures in Wonderland 1-3 (不思議の国のアリス)

前回へ


Down, down, down. Would the fall never come to an end! `I wonder how many miles I've fallen by this time?' she said aloud. `I must be getting somewhere near the centre of the earth. Let me see: that would be four thousand miles down, I think--' (for, you see, Alice had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though this was not a very good opportunity for showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good practice to say it over) `--yes, that's about the right distance--but then I wonder what Latitude or Longitude I've got to?' (Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were nice grand words to say.)

下へ、下へ、下へ。いつまでも落ちていくようでした。「もう何マイル落ちたかしら?」アリスは声に出して言いました。「地球の真ん中近くに来ているに違いないわね。えーと。それは4000マイル落ちた、ってことだから、そうすると・・・」(お分かりのように、アリスは学校の授業でこのようなことを幾つか習いました。

そこには彼女の話を聞く人は誰もいなかったので、これは彼女の知識を披露する余り良い機会ではなかったのですが、それでも復習には良い練 習でした。)「・・・ええ、それが正しい距離だわ。でも緯度と経度はどうかしら?」(アリスは経度も緯度もどういうものか知っていませんでした。しかし、 これらは口に出すのにふさわしい重みのある言葉と思ったのです)

Presently she began again. `I wonder if I shall fall right through the earth! How funny it'll seem to come out among the people that walk with their heads downward! The Antipathies, I think--' (she was rather glad there was no one listening, this time, as it didn't sound at all the right word) `--but I shall have to ask them what the name of the country is, you know. Please, Ma'am, is this New Zealand or Australia?' (and she tried to curtsey as she spoke--fancy curtseying as you're falling through the air! Do you think you could manage it?) `And what an ignorant little girl she'll think me for asking! No, it'll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.'

まもなく彼女はまた始めました。「落ち続けて、地球を突き抜けたら面白いのにね!頭を下向きにして歩く人々の間に出てきたら、愉快でしょうね!タイ商人 (*)、だったかしら・・・(今回は彼女の話を聞く人が誰も居なかったのは、幸いなことでした。それは全く正しい言葉には見えませんでしたから)・・・でもその国の名前を聞かなくちゃならないわ、そうでしょ?すみませんが、こちらはニュージーランドかしら、それともオーストラリア?

(彼女は話しながら礼儀 正しく振舞おうとしましたが、空中を落ちているのに礼儀正しくなんて、奇妙な話です。あなたはできまか?)・・・すると向こうの人は、なんて無知な小娘 か、って私のことを思うでしょうね!駄目よ、そんなことを訊いても意味ないわ。国名がどこかに書かれてないか、見てみることにしよう」

(*)訳注:対蹠人、と言いたかったらしい。原文はAntipathies(反感)とAntipodes(対蹠人)のしゃれ。対蹠=地球の反対側。ちなみにイギリスの対蹠点はオーストラリア近辺。

Down, down, down. There was nothing else to do, so Alice soon began talking again. `Dinah'll miss me very much to-night, I should think!' (Dinah was the cat.) `I hope they'll remember her saucer of milk at tea-time. Dinah my dear! I wish you were down here with me! There are no mice in the air, I'm afraid, but you might catch a bat, and that's very like a mouse, you know. But do cats eat bats, I wonder?' And here Alice began to get rather sleepy, and went on saying to herself, in a dreamy sort of way, `Do cats eat bats? Do cats eat bats?' and sometimes, `Do bats eat cats?' for, you see, as she couldn't answer either question, it didn't much matter which way she put it. She felt that she was dozing off, and had just begun to dream that she was walking hand in hand with Dinah, and saying to her very earnestly, `Now, Dinah, tell me the truth: did you ever eat a bat?' when suddenly, thump! thump! down she came upon a heap of sticks and dry leaves, and the fall was over.

下に、下に、下に。他に何もすることが無かったので、アリスはまた喋り始めました。「ダイナは今晩、私が居なくてとても淋しがるでしょうね!(ダイナはネコです)。お茶の時間にミルク皿を出すことを、みんな忘れないといいんだけど。ダイナ!一緒に落ちてくれればいいのに!空中にはネズミは居ないと思うけ ど、コウモリを捕まえるといいわ。コウモリはネズミとそっくりだもの。ね?でもネコはコウモリを食べるかしら」。そしてここでアリスはちょっと眠くなり、寝言のように独り言をいい続けながら、「ネコはコウモリを食べるかしら?猫はコウモリを食べるかしら?」

そして時々「コウモリはネコを食べるかしら?」。お分かりのように、彼女はどちらの疑問にも答えることができなかったので、彼女がどう言おうと問題はないのでした。彼女は眠りに落ちていき、ダイナと手を 繋いで歩いている夢を見はじめました。そして熱心に言いました。「さあ、ダイナ、本当のことを言ってごらん。コウモリを食べたことがあるの?」。その時突 然、ドスン!ドスン!と、彼女は枝と枯葉の山に落ちました。落下行は終わりました。
タグ:アリス
posted by leprechaun at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議の国のアリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

Alice's Adventures in Wonderland 1-2 (不思議の国のアリス)

前回へ


In another moment down went Alice after it, never once considering how in the world she was to get out again.

次の瞬間、アリスは兎のあとを追って飛び込みました。その穴からどうやって出ようか、とは一度も考えずに。

The rabbit-hole went straight on like a tunnel for some way, and then dipped suddenly down, so suddenly that Alice had not a moment to think about stopping herself before she found herself falling down a very deep well.

兎穴はしばらくはトンネルのようにまっすぐ続いていましたが、突然がくっ、と落ち込みました。余りに突然だったので、アリスは止まろうとする間もなく、とても深い井戸の中に落ちていきました。

Either the well was very deep, or she fell very slowly, for she had plenty of time as she went down to look about her and to wonder what was going to happen next. First, she tried to look down and make out what she was coming to, but it was too dark to see anything; then she looked at the sides of the well, and noticed that they were filled with cupboards and book-shelves; here and there she saw maps and pictures hung upon pegs. She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled `ORANGE MARMALADE', but to her great disappointment it was empty: she did not like to drop the jar for fear of killing somebody, so managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.

その井戸がとても深いせいか、あるいは彼女がとてもゆっくりと落ちたせいか、彼女は落ちていく間に自分のまわりを見回し、次に何が起こるのかを考えるゆとり がありました。最初に、彼女は下を見て、何が自分を待ち受けているかを見つけようとしました。しかし暗すぎて何も見えませんでした。次に彼女は井戸の壁を 見ました。するとそこには戸棚や本棚が一杯あることが分かりました。

またあちこちに、留め釘で止められた地図や絵があるのも見えました。彼女は落ちながら ある棚から瓶を取り出しました。そこには「オレンジ マーマレード」とラベルが貼られていました。しかし残念なことに、その瓶は空っぽでした。瓶をしたに 落とし、誰かに当たって死なせてしまうのはイヤだったので、落ちていく間に、また別の戸棚の中に何とか押し込みました。

`Well!' thought Alice to herself, `after such a fall as this, I shall think nothing of tumbling down stairs! How brave they'll all think me at home! Why, I wouldn't say anything about it, even if I fell off the top of the house!' (Which was very likely true.)

「さて!」とアリスは考えました。「こんなに落ちたんだもの、これからは階段を転げ落ちたって、なんとも思わないわ。家に帰ったら、みんな私のことをどん なに勇敢かって思うでしょうね。ええ、屋根の上から落ちたって、痛いなんて一言も言わないわ」(←それはおそらくそうでしょう)


次回へ
posted by leprechaun at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議の国のアリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

Alice's Adventures in Wonderland 1-1 (不思議の国のアリス)

Chapter I

Down the Rabbit-Hole
兎穴を下って

Alice was beginning to get very tired of sitting by her sister on the bank, and of having nothing to do: once or twice she had peeped into the book her sister was reading, but it had no pictures or conversations in it, `and what is the use of a book,' thought Alice `without pictures or conversation?'

アリスは土手で姉のそばに座っていましたが、何もすることがなかったので、次第に疲れだしました。一、二度、彼女は姉が読んでいる本をのぞいて見たけれども、そ の本には絵も会話もありませんでした。「じゃ、この本には何の使い道があるっていうの?」とアリスは思いました。「絵も会話もないなんて」

So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be worth the trouble of getting up and picking the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

そして彼女は心の中であれこれ考え始めました(できる限り精神を集中して。というのはこの日は暑くて、彼女はとても眠く、頭が朦朧としていましたか ら)。デイジーの花輪を作るのは楽しいけど、立ち上がってデイジーを摘みにいくのは面倒だし。すると、その時突然、ピンクの眼をした白兎が彼女の近くに走ってき ました。

There was nothing so very remarkable in that; nor did Alice think it so very much out of the way to hear the Rabbit say to itself, `Oh dear! Oh dear! I shall be late!' (when she thought it over afterwards, it occurred to her that she ought to have wondered at this, but at the time it all seemed quite natural); but when the Rabbit actually took a watch out of its waistcoat-pocket, and looked at it, and then hurried on, Alice started to her feet, for it flashed across her mind that she had never before seen a rabbit with either a waistcoat-pocket, or a watch to take out of it, and burning with curiosity, she ran across the field after it, and fortunately was just in time to see it pop down a large rabbit-hole under the hedge.

それだけでも十分不思議だったのに、さらにアリスは兎がこう独り言を言うのを聞いても、おかしいとは思いませんでした。「やれやれ!遅れてしまうぞ!」。 (後で考えてみると、このことは変に思わなければならなかったのに、この時は全てが全く自然なことのように見えたのです)。兎が実際にチョッキのポケット から時計を出して、それを見つめ、そしてまた急ぎ始めると、アリスも走り始めました。

というのは彼女はチョッキを着た兎や、そのチョッキから出てきた時計を今まで見たことがない、という思いが心の中にさっと浮かんできたからです。好奇心に駆られて、彼女は兎のあとをついて野原を横切り、幸運なことに、兎が 垣根の下の大きな兎穴に飛び込んだのを見るのに、調度間に合いました。





次回へ
posted by leprechaun at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議の国のアリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。