2008年06月08日

Hydrangea(紫陽花)

ガーデニング、花、あじさい、プレゼント

ajisai.jpg

Hydrangea あじさい

紫陽花(あじさい)は北東アジア原産の植物で、江戸時代に日本で園芸品種に改良され、西洋へはシーボルトによって紹介された。

シーボルトは医者として長崎に滞在の傍ら、日本の動植物を採集したが、その中の一つが「紫陽花」である。そしてこの花に愛人「お滝さん」の名前をつけ、"Hydrangea otakusa"として発表したが、別の植物「オタクサ」と間違えたという説もある。

"hydra-"の接頭辞は「水」を表し、水の季節に開花する植物にはふさわしい名前と言えよう。

紫陽花は湿地に好んで生え、その土地の酸性度によって異なる色の花を咲かせる。酸性度が高ければ花は青くなり、アルカリ性ならピンクになるので、その土地の酸性度を知る指標ともなる。

また一つの花自体、開花するにつれ、緑→白→青→紫、と色を変えて行くので、「心変わり」という花言葉がついた。

もっともそれは日本での話で、花花が固まって咲くことから、西洋では「団結」「辛抱強さ」の花言葉がある。贈るのが難しい花である。「辛抱強く頑張れ」というメッセージをこめてプレゼントするなら、そのように書かれたカードを添えたほうが無難だろう。
posted by leprechaun at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。