2008年09月04日

I Have a Dream



I Have a Dream
by Martin Luther King, Jr.
Delivered on the steps at the Lincoln Memorial in Washington D.C. on August 28, 1963


Five score years ago, a great American, in whose symbolic shadow we stand signed the Emancipation Proclamation. This momentous decree came as a great beacon light of hope to millions of Negro slaves who had been seared in the flames of withering injustice. It came as a joyous daybreak to end the long night of captivity.

百年前、その象徴的な影の上に我々が立っている偉大なアメリカ人は、奴隷解放宣言に署名した(この演説をした時、キングはリンカーン像の前に立っていたので、文字通り、リンカーンの「影の上に立って」いたのである。もちろん、これは比喩で「我々はリンカーンの影響を受けている」という意味)。この歴史的な信念は、うねるような不正義の炎に焼かれていた何百万もの黒人奴隷にとって、偉大な希望の光のように立ち現れた。それは囚われの長い夜を終わらせる楽しい夜明けのように、立ち現れた。

But one hundred years later, we must face the tragic fact that the Negro is still not free. One hundred years later, the life of the Negro is still sadly crippled by the manacles of segregation and the chains of discrimination. One hundred years later, the Negro lives on a lonely island of poverty in the midst of a vast ocean of material prosperity. One hundred years later, the Negro is still languishing in the corners of American society and finds himself an exile in his own land. So we have come here today to dramatize an appalling condition.

しかし百年後、我々は黒人はまだ自由でないという悲劇に直面しなければならない。百年後、黒人の生活はまだ悲しくも、人種隔離という手枷と、人種差別という鎖によって囚われている。百年後、黒人は物的繁栄の巨大な大洋の只中に浮かぶ、貧困の孤島に済んでいる。百年後、黒人はいまだアメリカ社会の隅に力なくたたずみ、自分自身の土地で追放されている自分を見つけるのだ。それゆえ、我々は今日、恐るべき状況を(過去の)演劇にしてしまうために、ここにやって来たのだ。

In a sense we have come to our nation's capital to cash a check. When the architects of our republic wrote the magnificent words of the Constitution and the declaration of Independence, they were signing a promissory note to which every American was to fall heir. This note was a promise that all men would be guaranteed the inalienable rights of life, liberty, and the pursuit of happiness.

ある意味では、我々は小切手を現金化するために、この国の首都にやってきたのである。この共和国の創設者たちが憲法と独立宣言の荘厳な言葉を書いたとき、彼らはアメリカ人一人一人が相続人となるべき約束書に署名したのである。この書は、全ての人間が、生命、自由、そして幸福の追求について、奪うことのできない権利を保証されるという約束であった。

It is obvious today that America has defaulted on this promissory note insofar as her citizens of color are concerned. Instead of honoring this sacred obligation, America has given the Negro people a bad check which has come back marked "insufficient funds." But we refuse to believe that the bank of justice is bankrupt. We refuse to believe that there are insufficient funds in the great vaults of opportunity of this nation. So we have come to cash this check -- a check that will give us upon demand the riches of freedom and the security of justice.

今日、有色市民に関する限り、アメリカがこの約束を履行していないと言うことは明白である。この聖なる義務を褒め称える代わりに、アメリカは黒人たちに、「預金不足」と刻印されて戻ってきた不渡り手形を渡したのである。しかし我々は正義の銀行が破産したとは信じない。我々はこの国の機会の偉大な金庫の中に、十分な資金がないと言うことを信じない。それゆえ我々はこの小切手を現金化しにきたのだ。要求に応じて、我々に自由の豊かさと、正義の保証を与える小切手を。

We have also come to this hallowed spot to remind America of the fierce urgency of now. This is no time to engage in the luxury of cooling off or to take the tranquilizing drug of gradualism. Now is the time to rise from the dark and desolate valley of segregation to the sunlit path of racial justice. Now is the time to open the doors of opportunity to all of God's children. Now is the time to lift our nation from the quicksands of racial injustice to the solid rock of brotherhood.

我々はまた、アメリカに今の荒々しい緊急事を思い起こさせるために、この聖なる地点にやってきた。ほとぼりを冷ますという贅沢に興じたり、緩慢に行うという鎮静剤を摂る時間はない。今こそ、暗く荒れ果てた人種隔離の谷間から立ち上がり、人種的正義の日の光に照らされた道に出る時である。今こそ、全ての神の子に、機会という扉を開ける時である。今こそ、人種的不正義という流砂から、兄弟愛という固い岩の上に、この国を引き上げる時である。

It would be fatal for the nation to overlook the urgency of the moment and to underestimate the determination of the Negro. This sweltering summer of the Negro's legitimate discontent will not pass until there is an invigorating autumn of freedom and equality. Nineteen sixty-three is not an end, but a beginning. Those who hope that the Negro needed to blow off steam and will now be content will have a rude awakening if the nation returns to business as usual. There will be neither rest nor tranquility in America until the Negro is granted his citizenship rights. The whirlwinds of revolt will continue to shake the foundations of our nation until the bright day of justice emerges.

この国が、この瞬間の緊急性を軽視し、黒人の決意を過小評価するのなら、それは致命的失敗である。黒人の法的状況への不満という、このうだるように暑い夏は、自由と平等の活気溢れる秋が訪れるまで過ぎはしないだろう。1963年は終わりではなく、始まりなのだ。黒人は頭の湯気を吹き飛ばす必要があり、そして今や満足しているだろうと願う人々は、もしこの国がいつものやり方に戻るのなら、叩き起こされることになるだろう。黒人が市民権を与えられるまで、アメリカには休息も安静もない。反乱の渦は、正義の明るい日が現れるまで、この国の土台を揺るがし続けるだろう。

But there is something that I must say to my people who stand on the warm threshold which leads into the palace of justice. In the process of gaining our rightful place we must not be guilty of wrongful deeds. Let us not seek to satisfy our thirst for freedom by drinking from the cup of bitterness and hatred.

しかし、正義の宮殿に通じる暖かい入り口に立つ人々には、私は言わなければならないことがある。正しい地位を得る過程において、我々は悪行を犯してはならない。反感や憎悪の杯から飲むことによって、自由への渇望を満たすことを求めるべきではない。

We must forever conduct our struggle on the high plane of dignity and discipline. We must not allow our creative protest to degenerate into physical violence. Again and again we must rise to the majestic heights of meeting physical force with soul force. The marvelous new militancy which has engulfed the Negro community must not lead us to distrust of all white people, for many of our white brothers, as evidenced by their presence here today, have come to realize that their destiny is tied up with our destiny and their freedom is inextricably bound to our freedom. We cannot walk alone.

我々は威厳と規律の高い水準をもって、永遠に闘争を行っていかなければならない。我々は自らの創意ある抗議を、物理的暴力に堕落させてはいけない。何度も何度も、我々は物理の力に対して精神の力で応じるという、堂々とした高みに登らなくてはならない。黒人社会を飲み込んだ、驚くべき、何ものをも恐れない新しい態度は、全ての白人への不信に通じてはならない。なぜなら、今日ここに出席されているように、我々の多くの白い兄弟たちは、自分たちの運命は我々の運命と結びつき、自分たちの自由は我々の自由と分かちがたく結びついているということを理解するようになったからである。割れあれは一人では歩いていけないのだ。

And as we walk, we must make the pledge that we shall march ahead. We cannot turn back. There are those who are asking the devotees of civil rights, "When will you be satisfied?" We can never be satisfied as long as our bodies, heavy with the fatigue of travel, cannot gain lodging in the motels of the highways and the hotels of the cities. We cannot be satisfied as long as the Negro's basic mobility is from a smaller ghetto to a larger one. We can never be satisfied as long as a Negro in Mississippi cannot vote and a Negro in New York believes he has nothing for which to vote. No, no, we are not satisfied, and we will not be satisfied until justice rolls down like waters and righteousness like a mighty stream.

そして歩くにつれ、我々は前に行進していくという固い約束をしなければならない。我々は後戻りできない。公民権運動の活動家に「いつ君は満足するのかね?」と訊ねる人がいるが、旅の疲れで重たい我々の肉体が、高速道路のモーテルに、町のホテルに宿をとることができない内は、我々は決して満足できない(訳注:当時、黒人は白人と同じホテルに泊まることができなかった)。黒人の引越しが小さなゲットーから大きなゲットーへ移るだけのうちは、我々は満足できない。ミシシッピの黒人が投票できず、ニューヨークの黒人が、自分には投票すべきものがないと信じている内は、我々は決して満足できない。正義が水のように流れ落ち、公正が力強い流れのように流れ落ちるまでは、決して、決して、我々は決して満足せず、我々は満足することはないだろう。

I am not unmindful that some of you have come here out of great trials and tribulations. Some of you have come fresh from narrow cells. Some of you have come from areas where your quest for freedom left you battered by the storms of persecution and staggered by the winds of police brutality. You have been the veterans of creative suffering. Continue to work with the faith that unearned suffering is redemptive.

あなたがたの中には、非常な試練や苦難から抜け出してきた人もいると言うことに、私は無頓着ではない。あなた方の中には、狭い監房から出てきたばかりの人もいる。あなた方の中には、自由を追求したばかりに迫害の嵐に叩きのめされたり、警察の蛮行の風にふらふらにされたりする場所から来た人もいる。あなたがたは、考え付くありとあらゆる苦しみを経た古参兵なのだ。信念に従って活動し続けなさい、さすれば不正な苦しみは購われるであろう。

Go back to Mississippi, go back to Alabama, go back to Georgia, go back to Louisiana, go back to the slums and ghettos of our northern cities, knowing that somehow this situation can and will be changed. Let us not wallow in the valley of despair.

ミシシッピに戻りなさい、アラバマに戻りなさい、ジョージアに戻りなさい、ルイジアナに戻りなさい、北の町々のスラムやゲットーに戻りなさい。どうにかこの状況は変えることができ、変わるだろうと言うことを信じて。絶望の谷間に溺れてはならない。

I say to you today, my friends, that in spite of the difficulties and frustrations of the moment, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.

今日(こんにち)、私はあなたに、友に、この瞬間の困難と不満にも関わらず、私にはいまだ夢があるということを言おう。それはアメリカの夢の深く根ざした夢だ。

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: "We hold these truths to be self-evident: that all men are created equal."

私には夢がある。いつの日か、この国が立ち上がり、「我々は、全ての人間は平等に創られたという事実は、証明する必要もないほど明らかなものと信じる」という信念の、本当の意味を生きるであろうという夢が。

I have a dream that one day on the red hills of Georgia the sons of former slaves and the sons of former slaveowners will be able to sit down together at a table of brotherhood.

私には夢がある。いつの日か、ジョージアの赤い丘の上に、以前の奴隷の息子と以前の奴隷主の息子が、兄弟愛のテーブルにともに座るであろうという夢が。

I have a dream that one day even the state of Mississippi, a desert state, sweltering with the heat of injustice and oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.

私には夢がある。いつの日か、砂漠の州、不正義と抑圧の熱にうだっているミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに生まれ変わるであろうという夢が。

I have a dream that my four children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.

私には夢がある。私の四人の子供たちが、いつの日か、皮膚の色によってでなく、性格の中身によって判断される国に住むという夢が。

I have a dream today.

今日、私には夢がある。

I have a dream that one day the state of Alabama, whose governor's lips are presently dripping with the words of interposition and nullification, will be transformed into a situation where little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls and walk together as sisters and brothers.

私には夢がある。いつの日か、知事の唇が現在、州権優位や連邦法適用拒否といった言葉に濡れているアラバマ州が、黒人の少年と黒人の少女が、白人の少年と白人の少女と手を繋ぎ、姉妹や兄弟のようにともに歩く場所に変わるという夢が。

I have a dream today.

I have a dream that one day every valley shall be exalted, every hill and mountain shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight, and the glory of the Lord shall be revealed, and all flesh shall see it together.

私には夢がある。いつの日か谷は高まり、全ての丘と山は低くされ、凸凹した場所は滑らかにされ、捻じ曲がった場所はまっすぐにされ、神の栄光は露わになり、全ての肉体はそれをともに見るという夢が。

This is our hope. This is the faith with which I return to the South. With this faith we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope. With this faith we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood. With this faith we will be able to work together, to pray together, to struggle together, to go to jail together, to stand up for freedom together, knowing that we will be free one day.

これが我々の希望だ。この希望とともに、私は南部に帰ろう。この信念あればこそ、我々は絶望の山から希望の石を切り出すことができるのだ。この信念あればこそ、我々はこの国のじゃらじゃら言う不協和音を、兄弟愛の美しい協奏曲に変えることができるのだ。この信念あればこそ、我々はともに働き、ともに祈り、ともに闘い、ともに牢獄に入り、ともに自由のために立ち上がることができるのだ。いつの日か、我々は自由になると信じて。

This will be the day when all of God's children will be able to sing with a new meaning, "My country, 'tis of thee, sweet land of liberty, of thee I sing. Land where my fathers died, land of the pilgrim's pride, from every mountainside, let freedom ring."

今日は神の全ての子が、新しい意味を込めて歌う日となるであろう。「我が国よ、自由の甘き土地よ、我は汝の、汝のために歌う。我が父祖が死んだ土地、ピルグリムの誇りの地、全ての山腹から、自由の鐘をならそう」

And if America is to be a great nation this must become true. So let freedom ring from the prodigious hilltops of New Hampshire. Let freedom ring from the mighty mountains of New York. Let freedom ring from the heightening Alleghenies of Pennsylvania!

そしてもしアメリカが偉大な国家となるならば、このことは真実となるであろう。それゆえ、ニューハンプシャーの巨大な丘丘の上から自由の鐘を鳴らそう。ニューヨークの雄大な山々の上から自由の鐘を鳴らそう。ペンシルベニアのアレゲニー山脈の高みから自由の鐘を鳴らそう!

Let freedom ring from the snowcapped Rockies of Colorado!

コロラドの雪をかぶったロッキー山脈から自由の鐘を鳴らそう!

Let freedom ring from the curvaceous peaks of California!

カリフォルニアの曲線を描く峰峰から自由の鐘を鳴らそう!

But not only that; let freedom ring from Stone Mountain of Georgia!

しかしそれだけではない。ジョージアのストーン・マウンテンから自由の鐘を鳴らそう!

Let freedom ring from Lookout Mountain of Tennessee!

テネシーのルックアウト・マウンテンから自由の鐘を鳴らそう!

Let freedom ring from every hill and every molehill of Mississippi. From every mountainside, let freedom ring.

ミシシッピの全ての丘とモグラ塚から自由の鐘を鳴らそう。全ての山腹から、自由の鐘を鳴らそう。

When we let freedom ring, when we let it ring from every village and every hamlet, from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God's children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old Negro spiritual, "Free at last! free at last! thank God Almighty, we are free at last!"

我々が自由の鐘を鳴らすとき、全ての村と全ての隠れ家から、全ての州と全ての町から我々が鐘を鳴らすとき、神の全ての子ら、黒人と白人、ユダヤ教徒と非ユダヤ教徒、プロテスタント教徒とカトリック教徒が手を繋ぎ、古き黒人霊歌の言葉を歌う日が来るのを、我々は早めることができるのだ。「ついに自由になった!ついに自由になった!万能の神よ、感謝します、我々はついに自由になった!」という歌を。

posted by leprechaun at 02:25| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

楓橋夜泊

楓橋夜泊      張継

  月落鳥啼霜満天            
  江楓漁火対愁眠          
  姑蘇城外寒山寺   
  夜半鐘声至客船

月落ち烏啼き、霜天に満つ
江楓・漁火、愁眠に対す
姑蘇城外、寒山寺             
夜半の鐘声、客船に至る

月は落ち、烏は鳴き、霜の降りる気配が空に満ちている。
長江の楓や、漁師の漁火が、眠れずにうつらうつらしている眼に映る。
蘇州郊外にある寒山寺の、
夜半を知らせる鐘の声が、私が宿泊している客船にまで聞こえてくる。

Stay a Night at Maple-Bridge
The moon has set, crows cry, and frost fills all over the sky.
Maple trees and fires on boats luring fish are reflected in my sleepy eyes.
Out from Ku-Su city, there is a temple called cold Cold-Mountain,
whose time bell telling midnight reached my travelling-boat.



<作者解説>
作者・張継は中唐の詩人で、李白・杜甫から少し後の時代の人である。襄州(湖北省襄陽)出身で、科挙に及第して進士となり、節度使の幕僚や塩鉄判官を努めたが、後に中央に呼ばれ役人となる。その頃には既に詩人として名を馳せ、時の皇帝に認められて検校祠部郎中にまで登った。

進士及第者は優秀ではあるものの、状元(トップ合格者)ほどの天才でもないので、すぐには役人になれず、節度使(地方長官)の幕僚(私設顧問)からキャリアをスタートさせる人が多かった。そして節度使は折りを見て幕僚を中央政府に送り込み、自らの勢力拡大を目論んだ。幕僚側としても、中央の役人になれるのだから、文句のあろうはずはなかった。

塩鉄判官は塩鉄使の助手のこと。唐代は塩と鉄を専売制としており、それを管理する役職が塩鉄使であった。安史の乱以後は、従来の田畑への税制が乱れ、それを補うために専売制が強化されたので、塩鉄使は重要な役職となった。

検校祠部とは検察庁、郎中とは長官の意味。これに次ぐ役職に「員外郎」があるが、これは非常勤職員のこと。時代は下るが、元代の礼部員外郎・陳宗敬が渡日し、その役職名をとった漢方薬「外郎(ういろう)」を売り出したのは有名な話。この「礼部員外郎」とは「外務省非常勤職員」のことである。

このような、節度使幕僚→塩鉄判官→○○部郎中、員外郎、というキャリア・パスは、唐代知識人には一般的なものだったようで、張継のほかにも画家などが同じコースを歩いた。



<作品解説>
さて徴税官、検察官であった作者にとっては、地方と中央の往復は仕事でもあり、この詩もそのような旅務の中で書かれたものかもしれない。

楓橋は楓の橋だが、ここでは蘇州郊外の衛星都市・楓橋鎮のこと。当時、都市は夜になると防犯のために城門が閉じられるので、日が沈んでから到着した旅人は、郊外で翌朝まで待たなくてはならなかった。

長江流域の旅行は小河川、運河が張り巡らされているので、船旅が普通である。またこの頃はまだ旅館が一般的ではなかったので、船中泊が珍しくなかったようだ。

寒山寺はこの楓橋鎮にある寺、寒山拾得のエピソードでも名高い。南北朝時代に建立されたので、張継の時代には既に古刹となっていた。

この寺の鐘の声が、旅の疲れで眠れないでいる私にまで届いた、という詩であるが、眼を閉じると、旅愁の中、鑑賞者にまで川岸の楓や、川中の漁火、揺れる客船が浮かび上がる仕掛けになっている。

ちなみに、後に寒山寺の鐘は倭寇によって盗まれ、鉄砲や大砲に鋳直されたという。それを恥じた伊藤博文は鐘を寺に寄贈、つい最近まで展示されていたという。
タグ:唐詩 英詩
posted by leprechaun at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。