2008年06月06日

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 6 (ドリトル先生アフリカ行き・動物語6)

前回へ



At tea-time, when the dog, Jip, came in, the parrot said to the Doctor, "See, HE'S talking to you."

お茶の時間になり、犬のジップがやって来ると、オウムは先生に言いました。「御覧なさいな。彼はあなたに話し掛けているわ」

"Looks to me as though he were scratching his ear," said the Doctor.

「彼は耳を掻いているように見えるが」、と先生は言いました。

"But animals don't always speak with their mouths," said the parrot in a high voice, raising her eyebrows. "They talk with their ears, with their feet, with their tails--with everything. Sometimes they don't WANT to make a noise. Do you see now the way he's twitching up one side of his nose?"

「動物は常に口で話すとは限りませんよ」、とオウムは眉をひそめ、高い声で言いました。「動物は耳でも、足でも、尻尾でも、何ででもしゃべります。音をたてたくない時もありますからね。さて今度は彼が鼻の片側をぴくぴくさせているのが見えますか?」

"What's that mean?" asked the Doctor.

「それは何の意味かい?」と先生は聞きました。

"That means, `Can't you see that it has stopped raining?'" Polynesia answered. "He is asking you a question. Dogs nearly always use their noses for asking questions."

「それは『雨が止んだのが分からないのかな?』です」と、ポリネシアは答えました。彼は質問しているのですね。犬はほとんど常に鼻を使って質問するのです」

After a while, with the parrot's help, the Doctor got to learn the language of the animals so well that he could talk to them himself and understand everything they said. Then he gave up being a people's doctor altogether.

オウムのおかげでしばらくすると、先生は動物語に習熟してしまい、動物に語りかけたり、動物の言うことは何でも分かるようになりました。そして彼はすっかり人間の医者を辞めてしまいました。

As soon as the Cat's-meat-Man had told every one that John Dolittle was going to become an animal-doctor, old ladies began to bring him their pet pugs and poodles who had eaten too much cake; and farmers came many miles to show him sick cows and sheep.

猫肉男がジョン・ドリトルが動物のお医者さんになると皆に言いふらすやいなや、おばあさんたちが、ケーキを食べ過ぎたペットのパグやプードルを連れ込み始めました。また農民たちが何マイルも遠くからやって来て、病気の牛や羊を見せました。
タグ:ドリトル
posted by leprechaun at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 5 (ドリトル先生アフリカ行き・動物語5)

前回へ



"What would have been the good?" said Polynesia, dusting some cracker-crumbs off her left wing. "You wouldn't have understood me if I had."

「それのどこが良いのですか?」とポリネシアは左羽についたクラッカーの屑を振り落としながら、言いました。「もし私が喋ったとしても、あなたは理解できなかったでしょう」

"Tell me some more," said the Doctor, all excited; and he rushed over to the dresser-drawer and came back with the butcher's book and a pencil. "Now don't go too fast--and I'll write it down. This is interesting--very interesting --something quite new. Give me the Birds' A.B.C. first--slowly now."

「もっと教えてくれないか」、と先生はすっかり興奮して言いました。そして箪笥の引き出しに駆けつけて、肉屋の本と鉛筆を取って戻り、「さあ、余り早すぎないように・・・書きとめるから。これは面白い・・・まったく面白い・・・とても斬新なことだよ。まず鳥のアイウエオを教えてくれ・・・さ、ゆっくりと。」

So that was the way the Doctor came to know that animals had a language of their own and could talk to one another. And all that afternoon, while it was raining, Polynesia sat on the kitchen table giving him bird words to put down in the book.

このようにして、先生は動物が言葉を持ち、お互いに話すことができると知ったのでした。そしてその午後の間ずっと雨が降ってましたが、ポリネシアは台所のテーブルに座って鳥の単語を教え、先生はそれを本に書きとめたのでした。



次回へ
posted by leprechaun at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 4 (ドリトル先生アフリカ行き・動物語4)

前回へ



"I knew that parrots can talk," said the Doctor.

「オウムがしゃべれるのは知ってるよ」、と先生は言いました。

"Oh, we parrots can talk in two languages-- people's language and bird-language," said Polynesia proudly. "If I say, `Polly wants a cracker,' you understand me. But hear this: Ka-ka oi-ee, fee-fee?"

「ええ、私達オウムは人間の言葉と鳥の言葉の、二つの言葉が喋れます」、とポリネシアは自慢げに言いました。「もし私が『ポリーはクラッカーがほしい』、と言えば、あなたは理解できるでしょう。けれどもこれをお聞きなさい。カカ・オイイー、フィーフィー?」

"Good Gracious!" cried the Doctor. "What does that mean?"

「すごいね!」と先生は大声をあげました。「それはなんて言ってるんだい?」

"That means, `Is the porridge hot yet?'--in bird-language."

「それは鳥の言葉で、『おかゆはまだ熱いですか?』です。」

"My! You don't say so!" said the Doctor. "You never talked that way to me before."

「おお!本当かい!」と先生は言いました。「今まで君はそんな風に喋ったことがないよ。」



次回へ

posted by leprechaun at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 3 (ドリトル先生アフリカ行き・動物語3)

前回へ



When the Cat's-meat-Man had gone the parrot flew off the window
on to the Doctor's table and said,

猫肉屋が出て行くと、オウムは窓から飛び離れて先生の机にとまり、言いました。

"That man's got sense. That's what you ought to do. Be an animal-doctor. Give the silly people up--if they haven't brains enough to see you're the best doctor in the world. Take care of animals instead--THEY'll soon find it out. Be an animal-doctor."

「あの男の言うことは考慮に値するわね。それがあなたのすべきことですよ。動物の医者におなりなさい。もし人間どもに、あなたがこの世で一番の医者だと分かるほどの脳みそがないと言うのなら、馬鹿な輩の相手なんかおよしなさい。その代わりに動物の世話をなさい。動物たちは、すぐに分かるわ。動物の医者におなりなさい」

"Oh, there are plenty of animal-doctors," said John Dolittle, putting the flower-pots outside on the window-sill to get the rain.

「うーん、動物の医者なんてたくさんいるよ」、とジョン・ドリトルは言いました。

"Yes, there ARE plenty," said Polynesia. "But none of them are any good at all. Now listen, Doctor, and I'll tell you something. Did you know that animals can talk?"

「ええ、たくさんいるけど」、とポリネシアは言いました。「いいのは一人もいないわね。お聞きなさい、先生、教えてあげるわ。動物がしゃべれるって知ってたかしら?」



次回へ

posted by leprechaun at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 2 (ドリトル先生アフリカ行き・動物語2)

前回へ



"Oh, no," said the Doctor quickly. "You mustn't do that. That wouldn't be right."

「おいおい」、と先生はすばやく言いました。「そんなことをしてはいけないよ。それはよくないことだ」

"Oh, I didn't mean real sick," answered the Cat's-meat-Man. "Just a little something to make them droopy-like was what I had reference to. But as you say, maybe it ain't quite fair on the animals. But they'll get sick anyway, because the old women always give 'em too much to eat. And look, all the farmers 'round about who had lame horses and weak lambs-- they'd come. Be an animal-doctor."

「いや、本当の病気じゃありませんや」、と猫肉屋は言いました。「眠くなるような、ほんのちょっとの物、と言うのを知ってるもんで。でもおっしゃる通り、そいつは動物にとっては、余り正しいことじゃないかもしれませんね。だけども、どっちにしろ、すぐに病気になりますよ。あのばあちゃんはいつも食い物をやり過ぎますからね。それに、この辺りの、足の悪い馬やら弱った子羊やらを飼ってる百姓はみんな、やってきまさあね。動物の医者になりなよ」



次回へ
タグ:ドリトル
posted by leprechaun at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story Of Doctor Dolittle - Animal Language 1

前回へ



Animal Language 動物語

IT happened one day that the Doctor was sitting in his kitchen talking with the Cat's-meat-Man who had come to see him with a stomach-ache.

それはある日、先生が台所に座って、胃痛で診察を受けに来た猫肉屋と話しているときに起きました。

"Why don't you give up being a people's doctor, and be an animal-doctor?" asked the Cat's-meat-Man.

「人間の医者なんかやめて、動物の医者になったらどうですかね?」と猫肉屋は言いました。

The parrot, Polynesia, was sitting in the window looking out at the rain and singing a sailor-song to herself. She stopped singing and started to listen.

オウムのポリネシアは窓に座って雨を見ながら水夫の歌を歌ってました。彼女は歌うのをやめて、聞き始めました。

"You see, Doctor," the Cat's-meat-Man went on, "you know all about animals--much more than what these here vets do. That book you wrote--about cats, why, it's wonderful! I can't read or write myself--or maybe _I_'D write some books. But my wife, Theodosia, she's a scholar, she is. And she read your book to
me. Well, it's wonderful--that's all can be said--wonderful. You might have been a cat yourself. You know the way they think. And listen: you can make a lot of money doctoring animals. Do you know that? You see, I'd send all the old women who had sick cats or dogs to you. And if they didn't get sick fast enough, I could put something in the meat I sell 'em to make 'em sick, see?"

「ねえ、先生」、と猫肉屋は続けました。「あんたは動物のことなら何でも知っている。そりゃもう、この辺りの獣医よりずっと詳しくね。あんたが書いた・・・あの猫の本、ありゃ、すばらしい!あっしゃ本を書きてえと思ってるんだが、生憎読み書きができねえ。けれど、テオドシア(あっしのかかあでさあ)の奴は学問がある。全くあるんでさあ。んであいつはあんたの本を読んで聞かせてくれたんだ。うん、そりゃすばらしかったよ。それしか言えねえんだが、すばらしかった。あんたは昔、猫だったんだろう。あんたはあいつらの考え方を知ってる。んでな、聞きなよ、あんたは動物を診て、たんまり金を稼ぐことができる。分かるかね?あっしが病気の猫や犬を飼ってるばあさんたちを、あんたんとこに送り込むんだ。もしそんなに早く病気にはかからないと言うんなら、売り物の肉ん中に何か入れて、病気にさせることもできるって寸法さね」



次回へ
posted by leprechaun at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

The Story Of Doctor Dolittle - Puddleby 4 (ドリトル先生アフリカ行き)

前回へ



Then he sold his piano, and let the mice live in a bureau-drawer. But the money he got for that too began to go, so he sold the brown suit he wore on Sundays and went on becoming poorer and poorer.

そこで先生はピアノを売り、ネズミを事務机に住まわせました。しかしそのために取っておいたお金もまた、なくなり始めたので、先生は日曜に着る茶色のスーツも売り、ますます貧乏になって行きました。

And now, when he walked down the street in his high hat, people would say to one another, "There goes John Dolittle, M.D.! There was a time when he was the best known doctor in the West Country--Look at him now--He hasn't any money and his stockings are full of holes!"

そして今や、先生が山高帽をかぶって道を歩くと、人々はお互いにこう言いあいました。「ジョン・ドリトル先生が行くぞ!西の方では一番知られた医者だったときもあったけど、今はごらん、一文なしで靴下ときたら穴だらけ!」

But the dogs and the cats and the children still ran up and followed him through the town --the same as they had done when he was rich.

けれども犬と猫と子供は、先生が裕福だったときと、同じように、依然、走って行っては彼の後について町を回るのでした。



次回へ
posted by leprechaun at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story Of Doctor Dolittle - Puddleby 3(ドリトル先生アフリカ行き)

前回へ



So, as time went on, the Doctor got more and more animals; and the people who came to see him got less and less. Till at last he had no one left--except the Cat's-meat-Man, who didn't mind any kind of animals. But the Cat's-meat Man wasn't very rich and he only got sick once a year--at Christmas-time, when he used to give the Doctor sixpence for a bottle of medicine.

と言うことで、時が経つにつれ、先生の動物はますます増えましたが、彼のところに診察に来る人はますます減り、ついには猫肉屋以外は誰もこなくなりました。というのは猫肉屋はどんな動物も気にしなかったからです。しかし猫肉屋はあまり金持ちでなく、年に一回、クリスマスの時にだけ風邪を引きました。そして彼は先生に6ペンス払って、一瓶の薬を手に入れるのでした。

Sixpence a year wasn't enough to live on-- even in those days, long ago; and if the Doctor hadn't had some money saved up in his money- box, no one knows what would have happened.

年に6ペンスというのは、当時であっても生活するのに十分ではありませんでした。もし先生が貯金箱にいくらかためておかなかったら、どうなるか分かったものではありません。

And he kept on getting still more pets; and of course it cost a lot to feed them. And the money he had saved up grew littler and littler.

それでも先生はペットを増やし続けましたが、もちろん養うにはたくさんのお金がかかりました。そしてためておいたお金はどんどん少なくなりました。



次回へ
posted by leprechaun at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story Of Doctor Dolittle - Puddleby 2(ドリトル先生アフリカ行き)

前回へ



His sister used to grumble about all these animals and said they made the house untidy. And one day when an old lady with rheumatism came to see the Doctor, she sat on the hedgehog who was sleeping on the sofa and never came to see him any more, but drove every Saturday all the way to Oxenthorpe, another town ten miles off, to see a different doctor.

妹はいつもこの動物たちに不満たらたらで、家を汚くすると言っておりました。そしてある日、リューマチの老婦人が診察を受けに来た時、彼女はソファの上に眠っていたヤマアラシの上に座ってしまい、二度と診察に来なくなりました。代わりに彼女は毎週土曜には別の医者に会いに、わざわざ10マイルも離れたオクセンソープに行くようになりました。

Then his sister, Sarah Dolittle, came to him and said,

そして妹のサラ・ドリトルは彼の所にやってきて、言いました。

"John, how can you expect sick people to come and see you when you keep all these animals in the house? It's a fine doctor would have his parlor full of hedgehogs and mice! That's the fourth personage these animals have driven away. Squire Jenkins and the Parson say they wouldn't come near your house again--no matter how sick they are. We are getting poorer every day. If you go on like this, none of the best people will have you for a doctor."

「ジョン、こんなにたくさんの動物を飼っておきながら、病人を診察なんてできるかしら?待合室がヤマアラシとネズミ一杯だなんて、一体どんな名医かしら!あなたの動物が追い出したのは、これで4人目だわ。スクワイア・ジェンキンにパーソンは、どんなに病気がひどくても、二度とあなたの家には近寄らないって言ってるのよ。あたしたちは一日ごとに貧乏になってる。このままじゃ、まともな人は誰もあなたのところに来なくなるわよ」

"But I like the animals better than the `best people'," said the Doctor.

「だけど僕は『まともな人』よりも動物の方が好きなのさ」、と先生は言いました。

"You are ridiculous," said his sister, and walked out of the room.

「あなたは馬鹿よ」、と妹は言って、部屋から歩き去りました。



次回へ
posted by leprechaun at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

The Story Of Doctor Dolittle - Puddleby 1(ドリトル先生アフリカ行き)

Puddleby パドルビー

ONCE upon a time, many years ago when our grandfathers were little children--there was a doctor; and his name was Dolittle-- John Dolittle, M.D. "M.D." means that he was a proper doctor and knew a whole lot.

昔々、私達のおじいさん、おばあさんが小さな子供だった何年も昔、ある医者がおりました。彼の名前はドリトル−ジョン・ドリトル医学博士と言いました。「医学博士」は彼は正規の医者であり、多くのことを知っていると言うことを意味してました。

He lived in a little town called, Puddleby- on-the-Marsh. All the folks, young and old, knew him well by sight. And whenever he walked down the street in his high hat everyone would say, "There goes the Doctor!--He's a clever man." And the dogs and the children would all run up and follow behind him; and even the crows that lived in the church-tower would caw and nod their heads.

彼は沼のパドルビーと呼ばれる小さな町に住んでました。老いも若きも全ての町人たちは、彼をよく知ってました。そして彼が山高帽をかぶって道を歩くときはいつでも、みんな「医者が行くぞ!−賢い人だ。」と言ったものでした。そして犬や子供は皆、彼の後について走ったものです。そして教会の塔に住んでいるカラスたちでさえカアカア鳴き、頭を上下させました。

The house he lived in, on the edge of the town, was quite small; but his garden was very large and had a wide lawn and stone seats and weeping-willows hanging over. His sister, Sarah Dolittle, was housekeeper for him; but the Doctor looked after the garden himself.

町の端にある、彼の住む家はひどく小さいものでした。けれども庭はとても大きく、広い芝生と石の椅子と、垂れたしだれ柳がありました。彼の妹、サラ・ドリトルが彼のために家事をしてましたが、庭は医者自身で手入れをしてました。

He was very fond of animals and kept many kinds of pets. Besides the gold-fish in the pond at the bottom of his garden, he had rabbits in the pantry, white mice in his piano, a squirrel in the linen closet and a hedgehog in the cellar. He had a cow with a calf too, and an old lame horse-twenty-five years of age--and chickens, and pigeons, and two lambs, and many other animals. But his favorite pets were Dab-Dab the duck, Jip the dog, Gub-Gub the baby pig, Polynesia the parrot, and the owl Too-Too.

彼は動物が好きで、多くの種類のペットを飼ってました。庭の窪にある池の金魚の他に、彼は食品置き場で兎を、ピアノで白鼠を、下着用のタンスにリスを、地下の収納庫にヤマアラシを飼ってました。彼は牝牛と子牛、年とった−25歳の−びっこの馬、鶏、鳩、二匹の羊、そして多くの他の動物たちも飼っていました。しかし彼のお気に入りのペットはアヒルのダブダブ、犬のジップ、子豚のガブガブ、インコのポリネシア、そしてふくろうのトートーでした。



次回へ
posted by leprechaun at 19:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ドリトル先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。