2008年06月19日

A Tale of Two Cities 1-2-5 (二都物語)

前回へ


So the guard of the Dover mail thought to himself, that Friday night in November, one thousand seven hundred and seventy-five, lumbering up Shooter's Hill, as he stood on his own particular perch behind the mail, beating his feet, and keeping an eye and a hand on the arm-chest before him, where a loaded blunderbuss lay at the top of six or eight loaded horse-pistols, deposited on a substratum of cutlass.

その1775年11月の金曜の晩に、シューター丘をがたがた登りながら、ドーバー郵便馬車の警備員はそんなことを考えていたのである。彼は貧乏ゆすりをしながら、自分の前の武器入れに眼を配りながら、馬車の後ろの彼専用の踏み板の上に立っていた。その武器入れには刀の束の上に6,8丁の乗馬用ピストルがあり、その上には一丁の装填したラッパ銃が置かれていた。

*cutlassは海賊が使うような三日月型の短剣。cutlasとも言う。horse-pistolとblunderbussという火器のほかに cutlassを装備しているのは、当時の銃は装填に時間がかかる上に不発が多く、最後には短剣で決着をつけるということが少なくなかったからである。

The Dover mail was in its usual genial position that the guard suspected the passengers, the passengers suspected one another and the guard, they all suspected everybody else, and the coachman was sure of nothing but the horses; as to which cattle he could with a clear conscience have taken his oath on the two Testaments that they were not fit for the journey.

警備員は乗客を疑い、乗客はお互いと警備員を疑い、彼らは自分以外のみなを疑い、御者は馬以外の何をも信じないという、いつもの暖かな雰囲気の中で、ドーバー郵便馬車は走っていたのである。しかも、御者はその馬がこの旅行に適していないと、二冊の聖書にかけて明らかに誓言できるのだった。
posted by leprechaun at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

A Tale of Two Cities 1-2-4 (二都物語)

前回へ


All three were wrapped to the cheekbones and over the cars, and wore jack-boots.

3人はみな頬骨まで包み、耳までかぶり、革の長靴を履いていた。

Not one of the three could have said, from anything he saw, what either of the other two was like; and each was hidden under almost as many wrappers from the eyes of the mind, as from the eyes of the body, of his two companions.

3人の誰もが、自分の見たものから、他の二人がどんな人なのか判断することはできなかった。そして各々が他の二人の身体の眼だけでなく、心の眼からも隠れていた。

In those days, travellers were very shy of being confidential on a short notice, for anybody on the road might be a robber or in league with robbers.

当時、道路にいる人は誰でも泥棒や泥棒の仲間かもしれないので、旅行者たちはすぐに打ち解けはしなかった。

*confidentialは秘密の意味だが、秘密を打ち明けることができる→打ち解けた、仲のよいという意味も派生した。「秘密」と「打ち解けた」は逆の意味になるので、文脈に注意。

As to the latter, when every posting-house and ale-house could produce somebody in "the Captain's" pay, ranging from the landlord to the lowest stable nondescript, it was the likeliest thing upon the cards.

(泥棒の)仲間に関して言えば、どの郵便屋も居酒屋も、地主から馬屋番までのうちの誰かが「キャプテン」からお金をもらっていたから、それはありえそうなことだった。


次回へ
posted by leprechaun at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

A Tale of Two Cities 1-2-3 (二都物語)

前回へ


There was a steaming mist in all the hollows, and it had roamed in its forlornness up the hill, like an evil spirit, seeking rest and finding none.

すべてのくぼ地には霧が流れ、休息を求めては得られない悪霊のように、空しく丘をうろついては上っていた。

A clammy and intensely cold mist, it made its slow way through the air in ripples that visibly followed and overspread one another, as the waves of an unwholesome sea might do.

ねばねばしてひどく冷たい霧が、ゆっくりと空中にさざ波を立てて進んだ。そのさざ波は荒海の波がするように、目につくように続いては、お互いに覆いあうのであった。

It was dense enough to shut out everything from the light of the coach-lamps but these its own workings, and a few yards of road; and the reek of the labouring horses steamed into it, as if they had made it all.

霧はとても濃く、馬車のランプの光はそれ自身の燃えているのと、道路の数ヤードを照らすだけで、後は何も見えなかった。そして労苦にあえぐ馬の吐息がその霧に昇っていくのだったが、それはまるで馬たちがその霧を全て作ったかのようであった。

Two other passengers, besides the one, were plodding up the hill by the side of the mail.

その一人のほかに、二人の乗客が馬車の脇をとぼとぼと丘を登っていた。


次回へ
posted by leprechaun at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-2-2 (二都物語)

前回へ


Reins and whip and coachman and guard, however, in combination, had read that article of war which forbade a purpose otherwise strongly in favour of the argument, that some brute animals are endued with Reason; and the team had capitulated and returned to their duty.

しかし、手綱と鞭と御者と警備員が合同で、その目的を禁じる軍令を読み上げた。さもなければ野獣の中には理性を持つものもいるという主張が、(動物学の)論争において非常に有利になっていただろう。そして馬たちは降参し、作業に戻ったのである。

With drooping heads and tremulous tails, they mashed their way through the thick mud, floundering and stumbling between whiles, as if they were falling to pieces at the larger joints.

頭を垂れ尻尾を震わせて、もがき、時々つまづきながら、まるで大きな関節でばらばらになるかのように、彼らは厚い泥の中で蠢いていた。

As often as the driver rested them and brought them to a stand, with a wary "Wo-ho! so-ho-then!" the near leader violently shook his head and everything upon it- like an unusually emphatic horse, denying that the coach could be got up the hill.

「どうどう!どうどう!」御者が彼らを休ませ、止まらせるたびに、近くのリーダー馬は頭とその上のもの全てを荒々しく振った−まるで馬車は丘を登れるはずがない、と言う異常に感情的な馬のように。

Whenever the leader made this rattle, the passenger started, as a nervous passenger might, and was disturbed in mind.

リーダーがこのように暴れるたびに、神経質な乗客のように、その乗客はびくっとし、心を乱すのだった。

*startは「始める」のほかに、ビクッと動く、の意味もある。


次回へ
posted by leprechaun at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

A Tale of Two Cities 1-1-8 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-8 (二都物語)
前回へ


All these things, and a thousand like them, came to pass in and close upon the dear old year one thousand seven hundred and seventy-five.

これらすべてのこと、そしてこれに似たような何千ものことが、この1775という古き年には起きた。

Environed by them, while the Woodman and the Farmer worked unheeded, those two of the large jaws, and those other two of the plain and the fair faces, trod with stir enough, and carried their divine rights with a high hand.

それらのことに取り巻かれて、樵夫と農夫が誰にも気づかれずに働いてる間、あの二人の大顎と、あの不美人と美貌の二つの顔は、威風堂々と進み、自分たちの神聖なる王権を高らかにかざしていた。

Thus did the year one thousand seven hundred and seventy-five conduct their Greatnesses, and myriads of small creatures- the creatures of this chronicle among the rest- along the roads that lay before them.

それゆえ1775の年は偉大な王族らと、無数の些少な庶民ら−この物語の登場人物もその中にいるのだが−を指揮し、彼らの前に伸びている道を歩かせたのである。



次回へ

タグ:二都物語
posted by leprechaun at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

A Tale of Two Cities 1-1-7 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-7 (二都物語)
前回へ


prisoners in London gaols fought battles with their turkeys, and the majesty of the law fired blunderbusses in among them, loaded with rounds of shot and ball;

ロンドン監獄の囚人らは獄吏と闘い、法の威厳を表そうと、獄吏らは囚人らの中に弾丸がたっぷり装備されたラッパ銃を撃ちこんだ。

thieves snipped off diamond crosses from the necks of noble lords at Court drawing-rooms;

王宮の謁見室では、こそ泥が貴族の首からダイヤモンドの十字架を切り落とした。

musketeers went into St. Giles's, to search for contraband goods, and the mob fired on the musketeers, and the musketeers fired on the mob, and nobody thought any of these occurrences much out of the common way.

銃兵らがセント・ジャイルズに行って、密輸品の捜索をすると、暴徒らが銃兵に発砲し、それから銃兵が暴徒に発砲したが、これらの出来事が非日常的だと考える人は誰もいなかったのである。

In the midst of them, the hangman, ever busy and ever worse than useless, was in constant requisition;

これらの出来事の中で、絞首刑吏は常に忙しく、常に無益と言うより有害な存在であったが、絶えず求められていた。

now, stringing up long rows of miscellaneous criminals; now, hanging a housebreaker on Saturday who had been taken on Tuesday; now, burning people in the hand at Newgate by the dozen, and now burning pamphlets at the door of Westminster Hall; to-day, taking the life of an atrocious murderer, and to-morrow of a wretched pilferer who had robbed a farmer's boy of sixpence.

ある時は様々な犯罪者の長い列を絞首し、ある時は火曜に起きた押し込み強盗を土曜に吊るし、ある時はニューゲートで12人一まとめにして手に焼印を押し、ある時はウエストミンスター・ホールの入り口で時事小冊子を焼き、今日は残虐非道な殺人鬼の命を奪い、明日には農家の子供から6ペンス奪ったみじめなこそ泥を処刑するのである。



次回へ

posted by leprechaun at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-6 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-6 (二都物語)
前回へ


the highwayman in the dark was a City tradesman in the light, and, being recognised and challenged by his fellow-tradesman whom he stopped in his character of "the Captain," gallantly shot him through the head and rode away;

夜の路上の追いはぎは、昼には町の貿易商人だった。そして彼が「キャプテン」の名において仲間の貿易商人の馬車を止めたところ、正体を見抜かれて(その地位を)脅(おびや)かされると、勇敢にもその仲間の頭を打ち抜き、馬に乗って走り去った。

*キャプテンとは、保安官ほどの意。この商人は保安官を兼任していて、その名目で馬車を止めては、追いはぎを働いていたのだ。

the mail was waylaid by seven robbers, and the guard shot three dead, and then got shot dead himself by the other four, "in consequence of the failure of his ammunition:" after which the mail was robbed in peace;

郵便馬車は7人の強盗に待ち伏せされ、警備員は3人を撃ち殺した後、「弾薬の不発の結果により」、他の4人に撃ち殺された。その後馬車は平和裏のうちに略奪された。

that magnificent potentate, the Lord Mayor of London, was made to stand and deliver on Turnham Green, by one highwayman, who despoiled the illustrious creature in sight of all his retinue;

偉大な勢力家であるロンドン市長公は、ターナム・グリーンである一人の追いはぎによって立たされ、所持品を奪われた。追いはぎはこの著名な人物を、彼の全随員の目の前で強奪したのである。

*ターナム・グリーンはロンドンの近郊。

*18世紀後半のイギリスでは産業革命が進展し、生活が近代化された反面、格差が拡大し、犯罪も激増したという。



次回へ
タグ:二都物語
posted by leprechaun at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-5 (二都物語)

英語 イギリス

A Tale of Two Cities 1-1-5 (二都物語)
前回へ


But that Woodman and that Farmer, though they work unceasingly, work silently and no one heard them as they went about with muffled tread: the rather, forasmuch as to entertain any suspicion that they were awake, was to be atheistical and traitorous.

しかしその樵とその農民は、休みなく働いたにも関わらず静かであり、誰一人として彼らのこっそりとした足音を聞いたものはいなかった。なぜなら彼らが起きているという疑念を抱くのは、無神論的であり、反逆だったからである。

*革命の動きがある、と噂するだけで神と国王への反逆罪に問われた当時の状況を描写している。「神」が入るのは、国王は神によってその座を与えられたと考えられていたから。

In England, there was scarcely an amount of order and protection to justify much national boasting.

イギリスにおいても、あまり国威発揚を正当化できるような秩序と保安は、ほとんどなかった。

Daring burglaries by armed men, and highway robberies, took place in the capital itself every night;

首都でさえ、毎晩、図々しくも武装した強盗や公道の追いはぎが起きた。

families were publicly cautioned not to go out of town without removing their furniture to upholsterers' warehouses for security;

住民には、安全のために家具屋の倉庫に家具を動かしてから、市の外へ出るようにと公に警告されていた。

*upholstererは内装屋のことだが、家具の販売・設置も手がけていた。ここでは家具屋と訳してみた。



次回へ
posted by leprechaun at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

A Tale of Two Cities 1-1-4 (二都物語)

英語 イギリス フランス

A Tale of Two Cities 1-1-4 (二都物語)
前回へ


It is likely enough that, rooted in the woods of France and Norway, there were growing trees, when that sufferer was put to death, already marked by the Woodman, Fate, to come down and be sawn into boards, to make a certain movable framework with a sack and a knife in it, terrible in history.

その受難者が死に追いやられているとき、既に運命という樵(きこり)によって印をつけられた木が、フランスとノルウェーの森の中に根付き、育っていたであろう。その木はやがて倒され、板に切り出され、歴史上の惨劇である、袋と刃を備えたある動く枠組みになるよう定められていた。

*ギロチンのことを言っている。フランス革命のギロチンの材木はフランスとノルウェーで採れたというエピソード。

It is likely enough that in the rough outhouses of some tillers of the heavy lands adjacent to Paris, there were sheltered from the weather that very day, rude carts, bespattered with rustic mire, snuffed about by pigs, and roosted in by poultry, which the Farmer, Death, had already set apart to be his tumbrils of the Revolution.

パリに近い粘土質の土地の農夫の粗末な納屋の中には、まさにその日の雨を避けて、田舎の泥をはねかけられ、豚に嗅ぎ回られ、家禽の止まり木となって、粗末な荷車が入れられていた。その荷車は死という農民が、革命の死刑囚護送車として既に取り除けておいたのものなのである。

*heavy landというのは字義通りには「粘土質の土地」の意味だが、ほかに「重苦しい土地」という言外の意味もある。

*ディケンズはこのように装飾に長ったらしく、過剰な言い回しを好むのだが、ある意味日本の古文にも似て、主語目的語がはっきりせず、読解しにくい。またそれ以上に訳しづらい。ここでは厳密な訳文よりも、意味が通る日本語を心がけた。

*革命時における死刑囚護送車は、農民の肥料運搬用の荷車を使ったという。当時の市民らの国王・貴族への憎悪がよく分かるエピソード。



次回へ
posted by leprechaun at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-3 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-3 (二都物語)
前回へ


Mere messages in the earthly order of events had lately come to the English Crown and People, from a congress of British subjects in America: which, strange to relate, have proved more important to the human race than any communications yet received through any of the chickens of the Cock-lane brood.

世俗的な出来事についての単なるメッセージが、最近アメリカの英国民議会からイギリス国王とその臣民にやってきたのだが、それは不思議なことに、それまでに鶏横丁の雛鶏を通して受け取られたどのやり取りよりも、人類にとっては大事だ言うことが判明したのである。

*1775年、植民地アメリカの議会は本国の課税要求に対して反対決議を行ったことを言っている。やがてこれが翌年の独立宣言へつながっていき、心霊術よりも大事な出来事となる。

France, less favoured on the whole as to matters spiritual than her sister of the shield and trident, rolled with exceeding smoothness down hill, making paper money and spending it.

フランスは彼女の姉妹である盾と三叉矛の国よりも、概して心霊現象については余り恵まれなかったが、紙のお金を乱発し浪費することで坂をすらすらと転げ落ちて行った。

*盾と三叉矛は、海神Neptuneの印。「盾と三叉矛の国」とは、海を制したイギリスのこと。

Under the guidance of her Christian pastors, she entertained herself, besides, with such humane achievements as sentencing a youth to have his hands cut off, his tongue torn out with pincers, and his body burned alive, because he had not kneeled down in the rain to do honour to a dirty procession of monks which passed within his view, at a distance of some fifty or sixty yards.

さらにキリスト教の司祭の指導の下、雨の中、50〜60ヤード先を横切った汚い修行僧の行列に跪いて礼を示さなかったという理由で、若者の腕を斬りおとし、舌をやっとこで引っこ抜き、身体を生きながら焼くという人道的な行為を、フランスは楽しんでいたのである。

*このような「非人道的」な出来事が史実ではないようだが、それを当時の人々は史実と受け取っていたらしい。それほどフランス革命時、人民は宗教関係者を嫌っていたようだ。



次回へ
posted by leprechaun at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-2 (二都物語)

A Tale of Two Cities 1-1-2 (二都物語)
前回へ


It was the year of Our Lord one thousand seven hundred and seventy-five.

それはキリスト教暦1775年のことであった。

Spiritual revelations were conceded to England at that favoured period, as at this.

現在と同じように、この恩恵の時代、心霊的な啓示がイングランドには与えられた。

訳注)18、19世紀、欧米では霊ブームが盛んだったと言うこと。

Mrs. Southcott had recently attained her five-and-twentieth blessed birthday, of whom a prophetic private in the Life Guards had heralded the sublime appearance by announcing that arrangements were made for the swallowing up of London and Westminster.

サウスコット夫人は最近、20と5歳の誕生日を迎えた。予言の才をもつ近衛兵が、彼女はロンドンとウエストミンスターを飲み込む準備ができたと告げ、彼女の崇高な出現の触れた。

*サウスコット夫人は新興宗教の教祖。第二の救世主を生むと明言した。

Even the Cock-lane ghost had been laid only a round dozen of years, after rapping out its messages, as the spirits of this very year last past (supernaturally deficient in originality) rapped out theirs.

鶏横丁の幽霊でさえ、ラップでメッセージを伝えた後消えてしまったのは、ほんの一回り前-12年前のことだった。(この幽霊はほんの昨年、霊がラップし続けた挙句消えてしまったのと同じく、心霊的に言って独創性に欠けていた)

*鶏横丁はロンドンにある小路。ここでラップ音が聞こえるという心霊現象が起きたが、後に詐欺と判明。



次回へ
posted by leprechaun at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Tale of Two Cities 1-1-1 (二都物語)

さて今回からは「二都物語」(A Tale of Two Cities)を翻訳してみたいと思います。フランス革命に題材をとったイギリスの文豪ディケンズの国民文学です。

日本でいうと「三四郎」「羅生門」くらい有名で知らない人はいないと言うほど有名な作品です。

ディケンズというと「クリスマス・キャロル」なんかで有名ですが、「二都物語」は余り知られていないので、希少価値を狙ってw、訳すことにしました。

この作品は19世紀ヴィクトリア時代、いわゆる大英帝国最盛期のころの熟した英語が持ち味で、ディケンズ一流の凝った言い回しから難解と言われています。元々難解な上に、文法がまったく違う日本語に訳すともうわけが分からなくなるので、ここでは厳密な約よりも読みやすくなるように心がけましたが、ミスがあればご教授ください。



A Tale of Two Cities 1-1-1 (二都物語)

Book 1 - Recalled to Life
第一巻:復活

Chapter 1 - The Period
第一章:時代

It was the best of times, it was the worst of times, it was the age of wisdom, it was the age of foolishness, it was the epoch of belief, it was the epoch of incredulity, it was the season of Light, it was the season of Darkness, it was the spring of hope, it was the winter of despair, we had everything before us, we had nothing before us, we were all going direct to Heaven, we were all going direct the other way--in short, the period was so far like the present period, that some of its noisiest authorities insisted on its being received, for good or for evil, in the superlative degree of comparison only.

それは最良の時代であり、それは最悪の時代であり、それは知恵の時代であり、それは愚鈍の時代であり、それは信念の時代であり、それは不信の時代であり、それは光の季節であり、それは暗闇の季節であり、それは希望の春であり、それは絶望の冬であった。我々の前には全てがあり、我々の前には何も無かった。我々は皆直接天国に至りつつあり、我々は皆直接別な道に至りつつあった・・・早い話が、その時代は現在とはとてもよく似ており、その時代の最もうるさい権威の何人かは、良かれ悪しかれ、その時代は最上級の形容詞によってのみ、受け取られるべきだと主張した。

(訳注)初っ端から込み入った文章だが、要するにその時代は複雑な時代であると同時に、栄光の時代でもあった、ということ。「現代」とはディケンズの生きたビクトリア朝時代であり、「その時代」とはフランス革命前後のこと。確かに両方とも複雑かつ、栄光に満ちた時代であった。

There were a king with a large jaw and a queen with a plain face, on the throne of England; there were a king with a large jaw and a queen with a fair face, on the throne of France. In both countries it was clearer than crystal to the lords of the State preserves of loaves and fishes, that things in general were settled for ever.

イングランドの王座には、大きな顎の王と不器量な女王がおり、フランスの王座には、大きな顎の王と美貌の女王がいた。両方の国において、国家がパンと魚を保障した貴族にとっては、物事は永遠に平穏無事だということは、水晶よりも明らかなことであった。

訳注)ジョージ3世とその王妃シャーロット、ルイ16世とその王妃マリーアントワネットのこと。ジョージもルイも大口の持ち主だった。

パンと魚、とはパンと肉、つまり食事、転じて生活費のこと。



次回へ
タグ:二都物語
posted by leprechaun at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 二都物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。