2008年09月12日

Kiss From A Rose



Kiss From A Rose − 薔薇のキス
Seal

There used to be a greying tower alone on the sea.
You became the light on the dark side of me.
Love remained a drug that's the high and not the pill.

かつて海のそばに古ぼけた塔があった。
君はぼくに巣食う闇の光となった。
愛は麻薬のまま、高みにあり、錠剤ではない。

But did you know,
That when it snows,
My eyes become large and,
The light that you shine can be seen.

だけど知っているかい
雪が降るとき、
ぼくの眼は大きくなり、
君が放つ光が見えるようになるってことを。

Baby,
I compare you to a kiss from a rose on the grey.
...kiss from a rose on the grey.
Ooh,
The more I get of you,
Ooh...................
Stranger it feels, yeah.
And now that your rose is in bloom.
A light hits the gloom on the grey.

君よ、
ぼくは君を薔薇のキスにたとえよう。
白髪への薔薇のキスにたとえよう。
ああ、
君のことを知れば知るほど、
ああ、
そのキスは不可思議に感じられる。
そして今、君の薔薇は満開だ。
白髪の薄暗がりを照らす光だ。

There is so much a man can tell you,
..there....................woa...
So much he can say.
there's so much inside.
You remain,
you.......
My power, my pleasure, my pain, baby
To me you're like a growing addiction that I can't deny.. yeah.
Won't you tell me is that healthy, baby?

男が君に伝えることは多すぎ
彼が言えることは多すぎ
内側には多すぎるのに
君はそのまま
君は・・・
ぼくの力、ぼくの快楽、ぼくの痛みを、君に。
ぼくは君に溺れてしまう。君は拒否できない快楽、育ち続ける快楽だ・・・
教えてくれ、それって健全かい?


ご存知、"Batman Forever"の主題歌。Sealはイギリス出身の黒人歌手。強烈なスキンヘッドが印象的だが、これは病気によるもの。狙ったわけではないらしいが、歌声と奇妙にマッチし、セックスアピールすら感じられる。

この歌は比喩表現が多く、読解が難しい。たとえばgreyは白髪、高齢、暗がりなど、灰色を核とした幾つもの意味があり、そのどれに訳したらいいか、大分迷った。

ただこうした現代詩的な歌詞は、きちんと一元的に解釈できるものでなく、ある意味的広がりをもって読むのが常道なので、あまり厳格に読み込まずに、メロディとともに歌手の情緒を読み取ったほうがいいとは思う。
posted by leprechaun at 17:09| Comment(8) | TrackBack(2) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 とっても好きな声。こんな感じの歌(声)を探していました。今度CD買いに行きます。この声を聞きながらkakikakiしたら作業がはかどりそう。
Posted by にこまる at 2008年10月09日 13:40
授賞式のとき、この歌をうっとりと聞きほれていたファンがいましたねー。確かに聞く人の心を揺さぶるような声の持ち主です。深く、心の底を揺さぶるような声でもあります。
Posted by leprechaun at 2008年10月27日 00:34
こんにちは。
SealやKiss From A Rose について色々書いたり調べたりしていて、
辿り着きました。

てても素敵な訳ですね。専門のかたに
説明もしていただき、ありがたいです。

授賞式の時の映像の事も書いてくださって、ありがとうございます。
見たかったです。

昨日の日記でご紹介させていただき、
トラックバックもさせていただきました。
事後報告で、申し訳ありません。
もし不快でしたら、削除してください。
Posted by まりえf at 2008年12月23日 14:33
イギリスの大学を卒業し、英語で仕事をしているものです。訳がひどいのでコメントを残させて頂きました。『Gray』は白髪ではなく、自分の気持ちのなかの悲しい気持を指しています。だいぶという意味で大分(だいぶ)とお使いになっているかもしれませんが、これでは大分(おおいた)です。正しい日本語をお使いになって下さい。
Posted by トレーダー at 2010年01月10日 23:23
『大分』は『だいぶ』とも読みますよ。
「非常に」とか「とても」というほどではないが、それでもかなりの程度、
という意味で使います。
『おおいた』と一瞬どちらか迷う時もありますが、間違いではありません。
トレーダーさんの気持ち良い程の尊大な言葉遣いに、つい揚げ足取りをしたくなりました。失礼。
Posted by at 2010年09月08日 15:59

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://2eqdtvz.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月21日 17:33
こんにちは
Posted by リフティア プラセンタ at 2011年07月14日 21:18
私も海外居住者で英語を使用していますが、トレーダーさんのお言葉に敬意の念が感じられず尊大に感じてしまい、英語を生活の上で使用している者としてとても残念に思います。とても素晴らしい歌で哲学的な歌詞ですので、翻訳はとても大変ですね。確かに"Gray"という表記は違うかもしれません。でも今後も頑張ってください。こうして挑戦されるのはとても意義がある事だと思います。
Posted by unknown at 2011年11月07日 05:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Sealの「KissFromeARose」だけで3つ目の日記
Excerpt: ■色々調べてたら、どんどん深みにはまってしまった■昨日のSealにはまってます」と、今日の別日記KissFromeARose、grayかgraveかで追求して」の続きです。大したこと無いので、興味ない..
Weblog: 自然にいきたいね
Tracked: 2008-12-22 20:08

キッス・フロム・ア・ローズ / シール 〜 Kiss From A Rose / Seal
Excerpt: Kiss From A Rose / Seal 映画『バットマン・フォーエバー』に収録された曲。 映画のヒットも後押ししてか、1995年のグラミー賞では、Record of the Yea..
Weblog: オススメの洋楽一日一曲
Tracked: 2009-09-21 07:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。