2008年08月26日

エイズ検査

日本のエイズ患者が増えている。2007年度のHIV感染者は初めて千人を突破し、エイズが最早タブーとして無視できない病気に成長したことをうかがわせる。

アメリカでエイズが社会問題となってから30年近くを経て、エイズ治療法はそれなりに確立している。HIVからエイズを発症するのを抑えたり、発症しても死に至らせないという対症療法が発達し、エイズの致死率は大きく下がった。

現在では、もはやエイズはかつてのような死病ではない。

しかし、とは言ってもHIVウィルスそのものを駆除することはできず、一旦かかれば終生、死の恐怖にさいなやまされ続ける厄介な病気だということには、変わりは無い。

実は、エイズにたいする一番有効な治療方法は、早期発見である。エイズが発症する前に発見すれば、薬を飲み続けることで日常生活を続けることも可能だし、パートナーに移す恐れもなくなる。

そのためには性病検査が欠かせない。性病なんて恥ずかしい、という向きには、自分でできる性病検査キットがおすすめだ。

posted by leprechaun at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はカレに性病検査を受けてもらいました。性病検査をする前の私は、とくにカレの趣味を あまり気にしませんでした。
Posted by 性病検査キット at 2009年07月05日 21:05
株式投資入門サイトです
Posted by ネット証券比較 at 2012年05月08日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。